赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い SITE MAP 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い COMPANY 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い 問い合わせ
 
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い/前のページへ

  
*遠山快空の…占い一言居士15

一言居士
天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ

名前鑑定TOP
相性占いTOP
相性占い始まり物語
球希占い始まり物語
どんな占い?
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
無料名前鑑定
名前鑑定ソフト
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ

名前鑑定TOP
相性占いTOP
相性占い始まり物語
球希占い始まり物語
どんな占い?
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
無料名前鑑定
名前鑑定ソフト
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ





  占い一言居士:
改名してみると、意外なことが起こってくるものだ。自分で予期しない出来事が向こうからやって来たり、不思議な現象が一時的に起こる。これらは、改名の当初の大きな効果だ。どうしてかというと、改名によって自分の眠っていた未知なる遺伝子が目を覚ましたということができる。しかし、それからが問題だ。それは遺伝子のプレゼントだから、ここから自分造りが出発するのだ。

占い一言居士:
改名するというのは、実は自分の先祖的な背景を変えてしまうというものだ。それくらい重要なことと考えていい。だからいい加減な改名をすると、先祖が混乱してしまう。それよりも怖いのは、かえって悪い先祖が出てきたりする可能性がある。改名することで自分の強力な味方を増やすことができる。

占い一言居士:
命名するときは、男の子は男のらしく、女の子は女の子らしく、そして家族との交流を考える。最近は女性も社会進出が激しいから、女の子でもちゃんと仕事運を考えて、バランスをとるようにしなければならない。すると男の子は、そういう女の子とは違った意味で、男の子らしく頑張れるようなバランスにしなければならないから、そういう相対的な関係をちゃんとつくることが大変だ。

占い一言居士:
結婚する前には、納吉(のうきつ)の儀というのがあるらしい。「結婚を占っ
たところ吉と出たことを男家から女家へ知らせる」結婚はめでたいものだから、ちゃんと吉ですよと言うことを相手に知らせなければならないのだ。賢い人は、ちゃんと結婚する前に、相手との相性を見て対策をちゃんと立ててくる。離婚でもなんて考えるようになってからでは、もう遅いのだ。

占い一言居士:
相性占いは、悩ましいのだ。どういうことかというと、相性を見てもどうにも
ならないことがあるからだ。もちろん、相性を見てどういうつき合い方をしてよいかという計画は立つ。しかし中には、因縁めいた相性だってあるのだ。昔結婚に失敗した彼女と全く同じ運命式の女性と出会ってしまう。実は運命式が運命式を呼び寄せてしまうというミステリーだってあるのだ。そんな時は驚かれてしまっても良いから現実をちゃんと説明することにしている。

占い一言居士:
戸籍がひとつの自分を現すIDであるならば、それは法律上の問題にすぎない。法的な識別は国の管理の問題なのだ。だからこそ自分という人間の価値を発揮するという、自分らしさを見つけるのに改名は新しい価値を提供することになる。改名は戸籍にこだわらず自分の意識と周囲の環境の問題でもあるのだ。

占い一言居士:

命名を侮ってはいけない。命名を侮ることは運命を侮るに等しいからである。神は最初の人類のアダムを土から造って、命の息を吹き入れられたとある。命名とはまさに命の息をわが子に吹き入れるようなものなのだ。その時こそ子供と真剣に向き合わなくてどうする。命名には親のエゴを入れてはいけないのだ。

占い一言居士:
占いというのは、どんな世界に行ってもあるから不思議だ。西洋には西洋流に!
東洋には東洋流に!人は様々なものを利用しながら、相手を知るよりどころにしてきた。それは「知りたい!」という強い動機から始まっている。もっと愛したいこと、不安を解消したいことなど皆同じだ。だから占いは、そういう知るための材料を提供してあげる道具と考えればいいだろう!

占い一言居士:
「相性占いとかけて何ととく。夫婦ととく。その心は、合うときも合わないと
きもある。」相性というのは基本的には相対的な関係だから、相手のどこを見つめているかと言うことが問題になるのだ。そこに気がつかないと、占いをいくらしても改善はされないのだ。

占い一言居士:
自分の名前に自信が持てなくなったら、というよりは自分に自信がなくなったら、新しい服を着ればいいのだ。そうすれば気分が一新できるし、その服に見合った内容を求めることができる。改名というのはそういう自分を一新する為の新しい衣服だから、ちゃんとした改名をしないと、ちぐはぐになってしまう。

占い一言居士:
命名をするのに、素晴らしいバランスのいい運命式を考えたとしよう!そうす
ればその人は成功間違いないのかということになる。預言と同じだ。それ自体
が素晴らしいからといってその通りにはならない。何故かというと、その素晴
らしいバランスを実現する内容を自分が身につけなければならないからだ。命
名にはそういう条件がついているということを忘れてはならない。

占い一言居士:
卑弥呼は鬼道をしていたといわれている。鬼道については諸説あるのでよくわ
かってはいないが、隣の韓国では、巫女が鬼神の寄り代となって地上の子孫に
現れるという。どちらにしてもあの世とこの世のつながりから国の行く末を占
っていたに違いない。やはり占いの原点は先祖とのつながりにあると考えてよ
い。

占い一言居士:
相性というのは、全部があっていなければと変な考えにとらわれる人がいる。
人間なんていうものは全部合うなんてあり得るはずがないのに、運命の赤い糸
で結ばれている人がいるはずだと思いこみたい人がいる。誰が運命の赤い糸を
結ぶかというと、自分で結ばなくて誰が結んでくれるのでしょうか?相性とい
うのは互いの事情圏や心情圏を共有するところに本当の相性が生まれるものな
のです。その辺を忘れてはならない。

占い一言居士:
最近は改名して欲しい人の中に、仕事をしたいからという人が多い。自分の職
種にあった名前のペンネームにしたいのだ。それは正解だと思う。名前の持つ
イメージがその人の能力にまで影響を与えることになるのだから、名前はその
人にとっては命になる。だから改名は格数や音韻変化の法則までしっかりと見
なければならない。

占い一言居士:
命名するにも様々な要素がある。格数だけを考えればいいというものでもない。
また、周りの人間環境でも付けられる名前とそうでない名前が出てくる。そういう複雑の過程の作業から命名は生まれてくるのだが、最後は音の問題になる。やっぱり名前は呼びやすくて親しまれる方がいいに決まっている。軽すぎてもいけない。重すぎてもいけない。音の陽陰のバランスはとても大切だ。

占い一言居士:
昔の武将は、占いをうまく使った。先勝祈願をしていると、瑞兆が現れた。だからこの戦は必ず勝つぞと部下に信じ込ませる。そういうことをとっさの判断かも知れないがしてのける知恵があった。人の心が集結してこそ運勢というものは開けるのであるから、自分には神の加護があることを証明すればいいのだ。それを本気で自分も信じることができれば、占いの力は生きることになる。

占い一言居士:
人が合うとか合わないというのは、絶対的に定まった問題ではないはずだ。それを今合わないから将来も合わないだろうというのは、自分の思い込みだ。でも実際にはどうしても合わないということが出てくる。それは何故か?答えは自分の中にある。その人のどこと自分を合わすかということなのだ。100%全部合うなんていうのはないのだ。相性占いそしてみるとそういうところが見えてくるようになる。

占い一言居士:
人間はどこかで自分をリセットしたいと思ってはいないでしょうか?でも人生というのは積み重ねた過去があって、今の生き方ができあがるのではないでしょうか?自殺は人生のリセットではありません。ゲームのように再び生き返ることはないのです。だからこそ自分をもう一度甦らせたいと思えば、改名するというのは甦る為のよい方法です。

占い一言居士:
命名というものは、人間や物でいうならば人や物の「器」を意味する。その器の種類や大きさ質のレベルといったことが、器の価値を決定する。茶道の茶碗がいい例だ。ただ茶を飲むという行為を文化や芸術のレベルにまで押し上げたのは、日本人の特技だ。その茶碗に価値を与えたのも利休という命名者がいたからだ。子供の命名にいのちの息を吹き込むのは、親のなすべき一番の仕事になる。

占い一言居士:
占いと預言は似て非なるものだ。占いも預言も未来のことを題材にするのは同じなのだが、占いは可能性を表しているから、どうにかすれば道はある。しかし預言は、神の命令や言葉を預かるのだから、選択は二者択一である。悔い改めれば助かるが、そうでなければ滅びが待っている。いつでもクローズドクエッションは、答える方には厳しい選択だ。

占い一言居士:
相性がいいとか悪いとかいうのは、どうも相手としっかりと四つになって取り組めるかどうかということが多い。用は肩すかしを食うような相手ではないということだ。もう一つの要素は、自分が必ず勝てるとか、優位に立てるとかいうように、自分の主体性が発揮できるかという判断が働いていることになる。でも、本当の相性は相手にもプラスになっていなければならない。相性占いはそういう相互の関係が作れなければ意味がない。

占い一言居士:
改名というのは、ある意味で自分が甦ることを意味する。それまでの自分
が”死”であれば、そこから”生”へと転換することになるのだ。だから、
”新しく生まれる”ということになる。死から生への転換、そこには人間
の転生したいという希望が込められている。改名は転生を可能にしたのだ。

赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い−ささやき君前のページへ
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い


〒920-0268 石川県河北郡内灘町ハマナス1−68
天使の占い TEL 076−286−5226
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い
E-mail:tamaki@yo-in.com
Copyright(c)2004 yo-in.com All Rights Reserved.