赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い SITE MAP 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い COMPANY 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い 問い合わせ
 
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い/前のページへ

  
*遠山快空の…占い一言居士16

一言居士
天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ

名前鑑定TOP
相性占いTOP
相性占い始まり物語
球希占い始まり物語
どんな占い?
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
無料名前鑑定
名前鑑定ソフト
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ

名前鑑定TOP
相性占いTOP
相性占い始まり物語
球希占い始まり物語
どんな占い?
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
無料名前鑑定
名前鑑定ソフト
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ





  占い一言居士:
名前の持つ面白さは、その名前が一つのイメージを形成していくというところにある。そして、そのイメージが実は人間を創造するということが面白いのだ。だから、命名にはちゃんとしたイメージを持つことができるようにすることが必要だ。特に、育てる親が子供にイメージを持つことが子供にとっては原点になる。

占い一言居士:
世の中の占いを見ていると、心理学をうまく使った占いの人がいる。「おう
む返しの法」である。相手のしゃべったことを繰り返ししゃべっていると、
「この人はよくあたる」ということになる。本当の占いは予言でもないから、
相手の心の隠れた部分を解放してあげることにある。

占い一言居士:
改名が自由でなくなったことは、現代人にとっては不便なことかも知れない。
それは、自分を自己表現する手段を失ったことと同じなのだ。自分を創るということは、人に与えられた特権であるはずなだ。だからこそ、ペンネームということはいい考え方だ。ペンネームが私ですといって、自分をアピールすればそれが自分になる。

占い一言居士:
夢というのはいい言葉だ。夢というのは今は現実ではないが何時かはそうなればいいなという希望だ。占うということはそういう夢の現実への一歩ということになる。相性占いをしてみれば、どうやって対応すべきかという小さな一歩が見つかるかも知れない。

占い一言居士:
命名というのは、様々な背景を考えながらされるものなのだ。一口に命名といっても、そこには万感の想いを込めた親たちのドラマがある。そのところを理解していないと、命名には魂が入らないことになる。そうであってこそ、命名はその子供のバックボーンになるのである。

占い一言居士:
占いでは何を求めているかということが、とても重要になる。要するに知り
たいことがはっきりしていなければならない。そこには、良いことも悪いこ
とも受け入れる度量が必要になる。要は自分をニュートラルにしていなければならないのだ。そうしていてこそ、占いの結果を自分にうまく取り入れるとができるのだ。そこでは占いに吉とか凶などということにとらわれるこ
とこそナンセンスなのだ。

占い一言居士:
相性占いでは、本当は結婚後の相性を占った方が実利的なのに、どういうわけか今の自分と彼の相性は?などということが多い。刹那的ですぐに変わってしまう相対的な恋人との相性よりも、結婚という絶対的な枠組みでの相性の方がより人生を決める重要な相性なのに、そこに気がつかない人の心は?である。やっぱり「ルート2」なのだろうな!

占い一言居士:
命名では一番気をつけなければならないことは、子供の運勢ももちろんだが、親子の愛情交流にある。どんな良い名前と思っても、その名前が良い運命となるかどうかは、自分の名前の運用次第だからである。その自分の名前の命名の力を発揮させることができるかは、周囲の愛情交流にかかっている。

占い一言居士:
この前おもしろサイトを見つけた。偶然なのだが、韓国の方と結婚した日本人の女性のブログである。ここでは、生きた文化論が感じられた。生活の中から風土の違いがわかるのである。それによると、韓国は超外見の社会らしい。女性の6割以上が何らかの整形をしているらしい。ほくろだってどんどん取っちゃう。ほくろだって人の相を表す重要なアイテムなのに、外見だけの整形って言うのは、占いから見ればかえって運勢を悪くする可能性がある。

占い一言居士:
人間っていうのは不思議なもので、調子のいい時っていうのは何も考えていないみたいなのです。だから、結婚する時っていうのはわざわざ「相性占い」を見てもらおうとは思わないのです。ところが結婚生活をしている中で、ちょっと都合が悪くなると、何だか自分たちの関係が悪いのは相性の性かな?なんて思うようになって、さかんに調べまくる。本当は先にちゃんと相性を見ておくのが「転ばぬ先の杖」なのにね!

占い一言居士:
改名ということを考えてみると、自分を変えたいという強い願望が根底にあるということがわかる。実はそれは素晴らしいことなのだ。何故かというと、自分に対するどこまでも挑戦する気持ちがそこにはあるからだ。その気持ちがエネルギーになって新しい何かが生まれるのだ。問題は自分を変えるその方法がはっきりとしなかっただけなのだ。名前に隠された不思議な暗号が自分をリードしていることがわかれば、その暗号を解読すればいいことになる。

占い一言居士:
占うことは人の安心を引き出すという効果がある。人間は誰かに認められたり、評価されたりするとそれだけでわかったようなつもりになってしまうと
いう心理が働く。占いは心理学とは違うのだが、そういう心理学的な効果もあるのである。でも、占いは心理学とは違った人そのものを観る”相”学なのである。

占い一言居士:
「転ばぬ先の杖」とある。相性占いは、本当はそうあって欲しいのだが、実は転んでから相性を占って欲しいという人が意外にも多い。転ぶ前に申し込んでいただければ、もっと生き方が変わったのに!そういうことは沢山ある。人は「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の喩え通り、ちょっとよくなるとすぐに難しかったことは忘れてしまう。事前に相性占いで教訓を知っておくことは、千金の重みがあるのだ。

占い一言居士:
改名する人の中には、様々な理由がある。戸籍を新しく作る人。帰化することで新しい名前を必要とする人。自分の運勢を変えたい人。理由はいろいろとある。しかし、皆さんが共通することは、自分の名前を自分が「愛することができる」そういう改名でありたいということだ。

占い一言居士:
命名にも時があることをご存じだろうか?ある意味で名前を付けるというこ
とは、親の方がそういう感性を鋭くしているときでないと、子供とのつなが
りをしっかりと作れる名前を付けることができないのだ。だから自分のアン
テナを高く張っていると、先祖や様々な働きの中で、子供にとって一番よい名前を選択することができるのだ。

占い一言居士:
ネット上で無料の相性占いサイトを見て、自分でもやってみた。案の定生年月日占いだ。結構いろいろなデータを出してくれている。しかし、自分にどれもあてはまりそうであてはまらないような気がする表現ばかりだ。何故だろうと考えてみた。言葉に命が宿っていないことに気がついた。コンピューターは「私」のことを考えてはくれていないのだ。

占い一言居士:
改名してみると、たぶん世界が変わって見えるようになることに気がつく
はずだ。様々な現象が今までとは反応が違うようになるからだ。そこに気がつくと、何でだろうと考えてしまう。そこでこれは改名のせいかなと考えるようになる。改名というのは、自分の精神的なバックボーンを変えてしまうということなのだから、自分という人間のプレゼンスが変化しているのだ。

占い一言居士:
命名では様々な要素が考えられることになる。親としては当然のことだ。占い的には吉の数字はあるのだろうか?凶数は入れてはいかんとか!である。
特に家族の意見がバラバラの時は大変だ。一家の主人やお祖父さんお祖母さんの意見まで入れると何ともまとまらなくなる。そういうときにこそ、命名される名前は誰のものでもなく子供自身のものであることを忘れてはならないのだ。

占い一言居士:
占いというのは、占う人の人間性がとても大切になります。人の内面の世界を扱うことになりますから、そういう意味では、相手に対するキャスティングボートを握っているからです。「人を愛する」そういうことを知っている
人でないと、占いは単なる脅しにしかなりません。

占い一言居士:
相性占いをして何を見つけようとするのか?今の時だけの相性をうまくしたいというのであれば、それは止めた方がいい。何故かというと、刹那的に相性を良くしてもそれはむなしく破局するだけだ。もっと基本的な人間としてどんな人なのかを知ることが重要ではないか?そう考えればちゃんと親子関係から見ておかなければその人の姿は出てこないことになる。そこまで見て相性占いといえる。

占い一言居士:
命名はその人の宇宙の世界を決めるようなものだ。しかも自分が自分の宇宙を運用することができる。それが命名によって自分の運命式を知るということなのだ。だから、命名はそれだけ人生の価値を決める重要な儀式ということが言える。

占い一言居士:
命名するというのは、ちょうど人間が人間として出発するような儀式では
ないかと思う。命の息吹を吹きいれるようなものといえる。だからこそ
「命の名」と書いて命名ということになるのだ。だからこそ親の方は、命
を吹き込むような努力が命名には伴うことになる。それで始めて子供の方
も出発が出来るのだ。

占い一言居士:
占って欲しい人の気持ちを考えると、占いは真剣に取り組まざるを得ない。何故ならば、占いに申し込むというのはコンピュータ占いのように遊び半分ではないから、それは真剣勝負になる。一つの判断基準を相手に提示するものだからだ。それによっては人生の方向性が変わるかも知れないのだ。何しろ占いは太古の昔国家の方向性までも決めていたというくらいだから、昔から人間は神秘の力を信じていたに違いない。今でもその力は衰えていない。

占い一言居士:
相性占いは、自分占いでもある。自分の付き合う相手を見れば、自分のレベルが自ずとわかるからだ。だから、相性占いでどうにもならないような男や女に未練を持っている人がいるが、自分のレベルを少し上げる努力をすれば、何であんな人に執着してたのか!と簡単になってしまうものだ。そういうこつをつかまえることは経験かも知れない。

占い一言居士:
改名することは、大きなチャンスをつかむことと同じである。何故ならば、
今まで自分をアピールしてきた世界と違う可能性を自分が手にしたことになるのである。だから、そういう意味では新しい出発点に達したのである。人生は螺旋階段の如くである。その階段を大きくレベルアップすることが可能性として改名にはあるのだ。だからこそ、改名後の歩がとても大切になる。

占い一言居士:
命名するときは、親の方はいろいろな想いを持つものだ。その子供に対する夢や希望が膨らんで大きな欲望を持つのも親に違いない。しかし忘れてならないことは歩む人生は子供が主体であるということだ。その子供のために環境を設定してやるのが親の仕事だ。そう考えれば命名は、その子の未来の可能性を賦与するということに他ならない。それは親だからこそ持っている権限なのだ。


占い一言居士:

占いではよくお金の占いがある。皆さんお金が儲かるようになどという占いばかりなのだが、儲かることだけを考えている人は結局は損をするのではないかと思う。お金というのは、本来流通することを目的にしている。お金を物の象徴だから、物というのは流通してこそ全ての人に恵が行き渡るのである。その為のお金なのだ。だからお金の使い方を考えた上でのお金の集め方が必要になる。呼吸と同じだ。

占い一言居士:

相性占いは、どんな霊がとりついているとか、相手が今自分のことをどう考えているとか、そういうことを観るものではない。冷静に考えれば当たり前のことなのだが、当事者には「藁にもすがる想い」があるから、相性占いでそういうことを要求するのだろう!本当はもっと本質的な問題を相性占いは判断するものなのだ。その時だけの「刹那」を知りたい人は、そういう願いに応えてくれる霊的な専門家がいるはずだ。

赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い−ささやき君前のページへ
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い


〒920-0268 石川県河北郡内灘町ハマナス1−68
天使の占い TEL 076−286−5226
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い
E-mail:tamaki@yo-in.com
Copyright(c)2004 yo-in.com All Rights Reserved.