赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い SITE MAP 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い COMPANY 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い 問い合わせ
 
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い/前のページへ

  
*遠山快空の…占い一言居士2

一言居士
天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ

天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ

天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ





  占い一言居士:
結婚できない症候群!なんて言ったら怒られるが、そう思えるほど、
婚期が遅くなっている。どうしてか?理由はいろいろあるが、自分の
人生を託して共に歩むにたる男がいなくなってきているといった方が
いいのかも知れない。夫婦は二人で一人前!そう考える人がいなく
なったのも原因かも?いずれにしても占い運命式のバランスの悪い
人が多い。

占い一言居士:
手相、人相、占星術、四柱推命、いずれも昔の人の知恵の集積体だ。
そういう昔の人の知恵に頼っているところがあるのが現代の科学技術だ
という面もある。知恵というのはソフトなのだから、現代という環境にマッチ
ングするようにしなければ意味がない。もしそうでなければ、それは迷信
になる。

占い一言居士:
動物は生まれた瞬間から、母子は親子の識別する方法を身につけてしまう。同じひよこや鶏にしか見えないのに、親子はしっかりと識別している。インプリンティングだ。しかし、人は名前ということばの特殊な方法で識別をする。だから改名をするということは、新しい自分自身を識別することであり、自分に対するインプリンティングなのである。

占い一言居士:
改名するとどうなるのか?もっと自分が変わるのではないか?みんな期待して”改名”を望む!それはいいことだ。しかし、功は焦っても得られないのだ。改名の効果が現れるのは、人によって個人差があるが普通は3年はかかるのだ。それほど、自分創りは大変なのだ。それでも、新しい自分を創ることができるのは希望だ。命懸命になれば、運命式があなたを導く。

占い一言居士:
改名したい人の気持ちは良く分かる。僕も改名(ペンネーム)しているからだ。親に付けてもらった大切な名前!長い間そう思っていた。ところがその名前がどうも自分にしっくり来ない。そんな違和感を持ち続けていた。後で気がついたことだが、自分の名前の故に激しい親子の対立が生じてしまったのだ。どうしてだろうと想い続けてきたことが、ペンネームを持ってから不思議に解決してしまった。

占い一言居士:
改名というのは、「新しく生まれる」ということだ。「新生して甦る」のだ。
人が新しく生まれるにはもう一度お母さんの胎内に入って、それから誕生しなければならない。お腹の中にいるときから、誕生して成長するまでしっかりと自分を創らなければならないのだ。改名というのはもう一度そういうプロセスを通ることなのだ。改名のいいところはそういう環境を自分で設定できるところである。だから自己創造が可能なのだ。

占い一言居士:
命名を甘く見てはいけない。自分を表現する最初の手段が名前なのだ。それによって、人は自分のイメージを形成する。だから、ちゃんと名前で相手を呼ぶことの方が正しいのだ。名前をしっかり呼ぶということを習慣にすることが、自分をアピールする最初の一歩だ。そうやって、運勢というのは呼び込むものだ。

占い一言居士:
占いの歴史は古い。占星術は聖書の時代まで遡らなければならない。イエスキリストの誕生を預言したのも占星術の学者だ。人の運命は自然の摂理と大きな関わりを持っているということだ。だから自然を観察することは、自ずと自分との運命のつながりを感じさせてくれる。自分も偉大なる生命の一部分なのだということを!

占い一言居士:
世の中には自分で物事を決められない人がいるものだ。そういう人が悪いというのではない。人間誰しも絶対というものを持っていないのだから当たり前だ。「わたしは強い」「わたしは賢い」「わたしは偉い」などと思っている人間ほど、実は相当レベルが低い。占いという情報でもそれを判断できる人の方がよほどレベルが高い。

占い一言居士:
命名ということを考えると、身の引き締まる思いがする。だから、一つ一つ
が真剣勝負だ。なぜならば、その名前の持つ運命式がその人の人生の大きな枠組みを造ってしまうからだ。そのお手伝いをしているかと思えば、神に祈らざるを得ない。

占い一言居士:
改名することは、新しい自分を作り出すことと同じなのです。それは、自分という今の人間が出現するまで、様々な出来事があったように、改名も自分でいいドラマを作り出すことの始まりなのです。だから、改名は人生をもう一度生きることになるのです。

占い一言居士:
若いときは野望も大きいし、多情だ。それでもいい。そういう荒削りが年を
経て丸くなり、ちょうどいい大きさになる。だから、突っ張るくらいがいい
のだ。”占いなんて信じない”といってるくらいがいいのだ。その方が本当
に自分に指針が必要なときには、占いに大きな価値が出る。しかし、信じる心を持たない人は結局はそれ止まりだ。

占い一言居士:
「人はパンのみによって生きるにあらず」とは、バイブルに書かれている言葉だ。確かにその通りだろう!最初、人はパンを求めるが、最後に求めるのは「励ましや真実の言葉」だ。占いは人に「生きる心の糧」を与えているのだ。だからこそ、相性、命名、改名など占いは希望でなければならない。

占い一言居士:
占いに凝ってはいけない。特に方位などにこっている人を見ると情けなくなる。すべてのことに方位を見てこれは凶だから、こちらの方に動いてはいけない。などと本気で思っている。そして、じっとして家から出ようとしないのだ。仕事があってもだ。ここまで来ると迷信だ。占いはあくまで自分が決断するときの判断材料に過ぎないのだ。

占い一言居士:
人間というのは不思議な生き物で、ある人といると落ち着くのに、別の人といると何故かイライラしてくる。そういうことがある。実はこういうことは、
赤の他人との間というよりは、自分に一番近い身内でよく起こる問題なのだ。”えっ!”と思うのだが、案外とそういうものだ。そういうときは”占い”
で相手の性格やら行動パターンがわかると、自分が被害を受けないですむようになる。

占い一言居士:
今年の運勢はどうだろうか?誰しも関心がある。運勢はとても重要だ。何故かというと、自分のこの1年間の基本的な指針であるからだ。その辺を知っているかどうかで、判断が大きく異なる。まさに”知ること”は人の道を左右することになる。

占い一言居士:
占い運命式を見ていて、これといった特徴のない人がいる。だからどうというわけではないが、人間は右にも行けば左にも揺れる。そういうところから、ほどよい支点を自分で見つけることができるのだ。人の魅力はそんなところから生まれる。だから、占い運命式は運用次第で楽しくなる。

占い一言居士:
感謝という言葉は運命をも支配するのだ。反対に恨みという言葉も運命を支配する大きな要素だ。それは全く同じ意味を持って、結果が全く異なるようになる。占いの結果を”感謝”で受けとめれば、運命の扉は大きく開かれることになるはずだ。

占い一言居士:
歴史は繰り返すとよくいわれるが、実は占いも繰り返すのだ。それは、自分で運勢をどこかで失敗したことがあると、そういうシチュエーションにまた遭遇するのである。それをチャンスと見るかどうかで運命は大きく転換するのである。

占い一言居士:
「一年の計は元旦にあり」使い古された格言だが、十分二位までも通用する。何が一番重要かといえば、日本人はやっぱり”けじめ”の民族であるようにも想う。昔から24節気などもあるくらいだから、一つずつの出発というのは大切だ。
1年を占うということも同じ意味がある。新しい出発をどうやって行うかということだ。それほど重要なのだ。命名も人生の出発、相性占いも二人の出発、個人の運勢も新しい出発になる。しっかりと1年の計を考えよう!

占い一言居士:
個人の運勢というものはどんな状況でも一つの可能性に過ぎない。だから運命は自分の持つ運勢をどのように活用するかによって決まる。そこに人間の判断の恐ろしさがある。運命を良くしようと思えば、どのように判断をすればいいかという訓練を積む必要がある。そういう指針が占いのアドバイスなのだ。だから、アドバイスをバカにする人は運勢を失う。

占い一言居士:
命名や改名で一番嬉しいのは、喜びのお便りをメールでいただいたときである。人間というのは何かのきっかけさえあれば、自分を大きく変えることができるのだ。それが人間として生まれた特権なのだ。何故かというと、自己創造というパワーは人間だけが持つものだからだ。

占い一言居士:
相性占いで一番の問題は、自分が考えている様に相手が反応してくれない。相手が見えないというものだ。実はそうではなくて、自分が見えていないのだ。そのことが、結局は相手との距離をひろげてしまう原因になっている。そこに気が付くまでに時間がかかる。

占い一言居士:
占いの相談というのは、救急車で運ばれてくる病人のようなところがある。
その時解決しなければ”意味”が無いことが多い。だからこそ、その時々のアドバイスがとても重要になる。その時々の判断が人生のターニングポイントになるからなのだ。

占い一言居士:
襲名というのも一種の改名なのだ。ただ、伝統的な名前を相続するということなのだが、それはその人の人格や業績をそのまま自分のものにするというきわめて重い意味が隠されている。襲名という改名は、結局運命式を大きく転換することになるのだ。



赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い−ささやき君前のページへ
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い


〒920-0268 石川県河北郡内灘町ハマナス1−68
天使の占い TEL 076−286−5226
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い
E-mail:tamaki@yo-in.com
Copyright(c)2004 yo-in.com All Rights Reserved.