赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い SITE MAP 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い COMPANY 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い 問い合わせ
 
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い/前のページへ

  
*遠山快空の…占い一言居士24

一言居士
天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ

天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ

天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ

天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ




 

占い一言居士:
命名することは大きなエネルギーを必要とする。そのエネルギーが善の
エネルギーであることが必要なのだ。そのエネルギーが深いほど命名に
は大きくて深い命が宿ることになる。だから名前には想いという力があ
る。そう考えてもいいと思う。だから力のある名前は忘れることができ
ない。

占い一言居士:
本来占いと霊感は別であるのだが、これをごちゃ混ぜにする人も多い。
何故かといえば、占いも霊感も個人の未来や、生き方を言及するものだ
からである。しかし、霊感というのは鬼神に頼ることであり、占いはそ
の人固有の経験と理論的な根拠を有するものだからである。ただいえる
ことは鬼神に頼るのは、よほどその霊的な背景がわかっていないとリス
クが大きいような気がする。

占い一言居士:
相性を考えると、これほど千差万別のことはない。十人十色というが一
度として同じという相性はないのである。しかも、時間と共に変化する。
その変化もダイナミックなところから些細なことまで、相性というのは
変化を愉しむものでもある。それを、その時だけ相性が合わないなどと
考えるのは、相手を研究していない証拠だ。もちろん、本当に合わない
人もいるのだが、その前に人をよく見ることをしなりゃね!

占い一言居士:
改名という考えは実は生と死の二つの狭間の中にある。それは、宗教に
深く根ざしている。仏教では戒名がそれである。戒名は実は死んでつけ
るものではなくて、お坊さんになったときにもらう新しい名前である。
これは新しく仏の元で生まれ変わったことを意味している。同じことが
西洋でもある。キリスト教のホーリーネームである。これも洗礼を受け
てもらう名前である。ココには生から死への復活の意味が込められてい
る。改名も生から死への復活ということと同じなのだ。

占い一言居士:
命名で一番やっていけないことは、親の思い込みで名前をつけてはいけ
ないということである。確かに親の願いは子に託することができる。そ
れが親であるということなのであるが、子にはその人生の所有権あるは
ずだ。そこで、願いを託する名前にしてもできる限り運命式のバランス
をよく考えなければ、名前をせおって苦しむのは子供である。

占い一言居士:
占いというのは、どんなときに必要かというと自分の手の届かないとこ
ろに何かあるのだけれど、それがわからない。それをどうしてか知りた
いというところから、それらを自然現象の世界から、様々な世界を条件
的に当てはめながら推測しているようなものなのである。逆にいえば占
いも実は科学的な現象から何かを推理して予測しようという学問である
ということもいえる。だから天文地理から数学心理学まで駆使して次の
予測を試みるということになる。占うというのは過去データと現実と未
来へのアプローチである。

占い一言居士:
人間の性格には根性というのがある。普通の性格という考えよりもっと
深いところがあって、性格の根っこのようなところだ。相性にもいろい
ろとあるが、この性格や根性みたいなところといい関係がつくられるか
どうかということだ。一見いい関係のように見えて相手が「根に持つ」
ということでは、相性が本当にいいとはいえないのだ。

占い一言居士:
改名することは、自分を新しくするということである。これは前から言
ってきていることなのであるが、それではなぜ改名と自分が一致するよ
うになるかということが問題である。それは、人間が自己創造の結果物
であるということなのである。様々な心的な環境によって自己が創られ
てきているので、改名という心的な環境を変えるということが、新たな
自己を生むことにつながるのである。

占い一言居士:
命名というのは、人間だけが行える特権である。だから、その命名には
様々な意味と人間が織りなす心模様が反映される。名前に隠されたエピ
ソードというのは、その人物の人生という業績がでたときに、やっぱり
あの人の名前にはこんな秘密があったんだって!ということになる。そ
れは名前に隠された運勢を引き出す当人の努力があった結果なのである。

占い一言居士:
占いの世界では、運命を扱う人が多いのは当然だが、実は運命を占いを
する人が決めてしまっているかのような錯覚を与えている。占いという
のは地球儀の表と裏のような世界がある。地球儀は見る方向によっては、
特定の地域しか見えない。反対側はブラックゾーンだ。占いというのは、
誰でも見えてる表側だけではなくて、その裏側の世界は「こうなってい
るよ!」ということを見せてあげているのだ。だから、二つ合わせて地
球は丸くなるということだ。

占い一言居士:
「人を呪わば呪われる」ということがある。同じことが相性にもある。
どこかでその人間との「結ぶ」何かを持っているから、心が揺さぶられ
るのだ。問題は自分の心の中にある。相手との結ぶ何かを自分の中で解
決してしまえば、それで相性は消滅してしまうことになる。反対に増幅
させればそれは太い絆になる。その「結ぶ」何かを発見するために「天
使の占い」は一生懸命なのだ。

占い一言居士:
改名はそれを願う人の動機の強さが問題だ。何故かというと、新しい自
分を出発するのに、古い自分にとらわれていては、最新の自己創造はで
きなからだ。新しい葡萄酒は新しい革袋に入れるべきである。というの
が、正しい改名の仕方になる。新しい革袋は、改名の名前であり、新し
い葡萄酒は生まれ変わった自分なのである。

占い一言居士:
命名というのは、その時の運勢が支配をするものだ。だから、命名する
親の立場では、いろいろと名前の候補を出すのだが、それ以外に思い浮
かばないとか、この字だけにこだわるとか、後から考えると何でだろう
ということがある。実はそういう命名をした場合、往々にして親子が闘
う名前になっていたとか、弱すぎてしまうようになっていたとか、問題
が出るようになっていたのだ。そういう意味では「天使の占い」に依頼
した人はそういうくびきから解放されている。

占い一言居士:
占うことと「侍る」というのは、どこか似ている。主人のパシリになる
のは誰でもできる。それでは、何時か役に立たなくなればポイ捨てだ。
「侍」は主人の意図を知っていなければならない。そういうことだ。占
いも同じであって、相手動向を見極めるということが占いなのだから!
そういう意味で、占いは相手の意図を知るという最も有効な手段だ。

占い一言居士:
相性を見るときに、結局は自分と他の関係を理解できていないのに「相
性」にこだわっている人がいる。どうしてうまくいかないのだろうと悩
みながら、相性が悪いのかも知れないと思っているのだが、自分が原因
になっているとは思ってもいないのだ。相性というのは、相手との関係
もそうだが、自分の原因を見つけるということの方が大切なのだ。その
方がずっと解決が早い。

占い一言居士:
「改名しようかな?」と思う人のほとんどが、自分の人生でいいことが
ないのは名前が悪いのではないか?と考えてのことだと思う。それは半
分あたっているけど、半分はあたっていない。というのも、姓名の持つ
運命式は、それを運用する人の活用の仕方にも依るからである。どちら
にしても、自分造りをもう一度したいと思う人であるならば、改名ほど
効果のあるものはない。

占い一言居士:
命名には、親の器が表れる。だから、命名するというのは親が自分で決
めているとその器の中でしかないから、その器で考える運勢は普通はだ
んだん小さくなっていってしまうことが多い。だから、昔の人は自分よ
りも器の大きい人に命名者になってもらうことで、子供達に将来の夢を
託したということがいえる。そういうことから考えると「天使の占い」
は、大きな器を準備できる最も近道かも知れない。

占い一言居士:
何のための相性占いか?人間というものは基本的に自分のことを先に考
えるようになっている。そのことが悪いわけではないが、それから訓練
によって社会性を身につけるようになる。ここで社会性というのは人と
の関わりかただ。そこに人間性がある。相性というのはそういう人との
相対的なつながりをプラグマティックに説明しようとする相対性の学問?
でもあるのだ。

占い一言居士:
改名をすることで自分は新しい自分を演出したいと思うのだろう!だか
ら、趣味などで何かの作品を発表するようなチャンスに恵まれたときに
は、「雅号」を持ち出す。新しい生まれ変わった自分をみて欲しいから
に違いない。そんな変身願望を満たしてくれるのも改名というペンネー
ムだ。だからプチのつもりで一字を変えてもそれは大きく運命式に変化
を及ぼす立派な改名になるのだ。その恐ろしさと素晴らしさは、同じよ
うに運命式に表れる。

占い一言居士:
命名で気をつけなければならないことは何かというと、子供の運勢ばか
り気にしてしまうということだ。そうすると見えるものまで見えなくな
ってしまう。子供は親が育てるということだ。運勢が育てるのではない。
運勢というのは、親と子で作り上げるものだからこそ、親と子がそんな
つながり方をするかということが大切になる。だから、親子の関係まで
見た命名ということが本当に子供の運勢を考えるということになるのだ。

占い一言居士:
占うということは、何かを予想することと結果的には同じである。予想
するには、そういう想いを持つに至った動機やら経過がそこにはあると
いうことだ。だから、予想は分析がある程度できる。でも占いは、そん
な動機やら経過はないのである。占いにあるのは宇宙の法則性に基づいた可能性なのだ。そういう意味では可能性というのは、どんどんその規
模を大きくしていくことができるのだ。予想は限定的範囲があるが占い
は限りない拡がり、可能性をもっている。

占い一言居士:
相性というテーマは、いつになっても、どこに行っても出てくる問題だ。
ちょうど人の顔が皆違うように、相性というのは、時や環境や場所によ
って、どんどん変化するものでもある。だから、楽しいということもい
えるが、相性を楽しく思えるようには少しばかり修行がいることは間違
いない。相性というのは、変化を愉しむものだからである。




赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い−ささやき君前のページへ
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い



〒920-0268 石川県河北郡内灘町ハマナス1−68
天使の占い TEL 076−286−5226
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い
E-mail:tamaki@yo-in.com
Copyright(c)2004 yo-in.com All Rights Reserved.