赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い SITE MAP 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い COMPANY 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い 問い合わせ
 
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い/前のページへ

  
*遠山快空の…占い一言居士7

一言居士
天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ

天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ

天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ








 

占い一言居士:
名字は苗字ともかく。いずれも土地にゆかりがあることを表している。そ
れほど日本人は土地とのつながりが深いのだ。苗字の次に付ける名前ー命名は、その土地との深いつながりのある人の生き方の中で、意味のある名前が好んで付けられたのだろう。だから、命名にはそういう苗字と名前の持つ調和が求められようになったのだ。

占い一言居士:
運命を呪うとかいう人がいるが、運命そのものが自分のものだから、それ
は自分を呪うということになる。自分の運命に感謝するということの方が
よっぽど健康的なのだ。厳しいときも楽しいときも苦しいときも、運命の
中の試練であるならば、そこには乗り越える価値がある。

占い一言居士:
お互いの相性をみる上で重要なことは二つある。それは性格の関係と愛情の関係だ。その中でも、性格の関係は見落とされがちだが、とても大切なのだ。男性でも女性でもいいのだが、その関係はデコボコになっていなければならない。要するに凹と凸であった方がいいのだ。大阪人的にはぼけとつっこみということか?まあ、そんなところだ。

占い一言居士:
改名というのは、なかなか決断ができないものだ。特に社会で働く男の人
にとってはそうだ。名前は自分の分身だからだ。そういう意味では昔の人
はなかなかの宣伝マンだ。秀吉なんかは改名したことをしっかりと自分の
利益にしてしまった。そこから新しい出発ができたのだ。改名は自己の再
出発の時にこそふさわしいのだ。

占い一言居士:
命名ということを考えたときに、親心では細かく心配して「あれやこれや」
名前にこってみることも必要だろう!親ならば当然のことだ。しかし、赤ち
ゃんの命名に一番必要なことは、その命名の時の親の心情基準を下げないで、子供が成長するまで維持できるかどうかという決意なのだ。そういう意味では、親も子供の命名と共に新しく生まれ変わるようなものだといえる。命名と共にその子を傅育するような姿勢が必要だろう!

占い一言居士:
人の運勢は、人ひとりによって決められているわけではない。多くの人との関わり合いの中で運勢というものは決まっていく。ただ、そのときにどういう判断を下すか!人の支援がその人に集まるかどうかという違いだ。要は求心力を持てる人になれるかどうかということになる。運命式にそういうポイントのある人は、運勢がいいということになる。

占い一言居士:
相性占いは、互いの相性を見る。当たり前だ。相性とは”相対的な性格の関係”ということができる。これは僕のこじつけだが、当たらずとも間違いではなかろう!だから、相手とどうやってつながればいいのかということを考える学問なのだろう。だから、相性占いで”断定的”な占いをしてしまうのは本意ではない。断定を押しつける占いがあればそれは偽物だ。

占い一言居士:
名前には面白い作用があって、自分の名前を呼ばれると、妙に緊張してしまうのだ。反対に会話の中で幾度となく自分の名前が出てくると決して悪い気はしなくなる。相手に返って親近感を覚えてしまったりする。だから運勢的にみれば、相手からよく呼ばれる名前の方がいいのだ。でも、あまりに軽くみられても困る。改名するときは画数ばかりかその辺もしっかり
と考えている。

占い一言居士:
人間というのは、果たして生まれ変わることができるのか?そんなことを考
えるよりも現実は、出直したいと思っている人ははるかに多い。人は生まれ変わることは可能と考えた方がいい。人がこの世に誕生したプロセスは、父母の愛によって生命が宿り、母の胎と愛情を通して誕生したのである。だから再び愛を受けて、その心を育てるようにすれば、変わる道は出てくるのだ。だから、改名とは生まれ変わるための道具なのである。


占い一言居士:
赤ちゃんというのは、生まれてくるときに真っ白かというとそうではないの
だ。お腹の中にいるときに既に、10月10日の期間にわたって、様々な情
報を集めてきているのだ。だから、生まれるときに1歳という年齢を旧暦で
はもらうのだ。だから赤ちゃんの名前で、名前の情報もお腹にいる時からお母さんが声をかけてやった方が親子のつながりがしっかりとできるのは当たり前だ。

占い一言居士:
運命は自分で決めること。じゃあ天命は何?「人事を尽くして天命を待つ!」という言葉もある。人事というのは自分の努力、それににより自分の運命が定まったということが天命なのだろう!だから、人は運命式にあった努力をすることで、天命というものがわかってくるのだ。

占い一言居士:
相性占いで勘違いしている人が多い。「彼は私のこと今どう考えているの?それを教えてください」などというものである。そんなことを答える占い師がいれば、それはインチキだ。こういう事は直接本人にきくのが当たり前の話だ。相性占いというのは、相手との関係性でどうあるべきか?今後どうすべきか?ということを問うもので、その人が何考えていて、今怒っているか喜んでいるか分かりますか?など、質問された方が困ってしまう。

占い一言居士:
改名ということが切実な問題になっている!本当なのだ。自分という人間をうまく創れないということは現実にあるのだ。実際に改名をしてすぐに効果の現れる人もいる。そういう人は、自分という人間を限界まで見つめてきたのだろうから、新しい自分を創ることに懸命なのだ。何事もそういう出発の物語が必要なのだ。その辺が分かると人生は楽しくなる。

占い一言居士:
命名ということについて、何で人は名前を付けるのだろうか?人類最初の命名者は聖書に出てくる「アダム」といわれる。彼はすべての生き物に最初に名前を付けた人である。人間が最初にする仕事というのは命名なのだ。それほど、命名は重要ということだ。だから、陰陽師の安倍晴明の時代は名前を教えると”呪”をかけられるからと、人には教えなかったものだ。現代では、反対に名前の持つ発展的な効果をうまく使うのがいい。それが命名というものだ。

占い一言居士:
運勢というのは、確かに波がある。そういうサイクルがあるというものだ。
そのサイクルをちゃんとつかめば面白いことが出来るが、そのサイクルを外してしまうと、苦しまなければならない。ではそうしたらそういうサイクル
を捕まえることが出来るのだろうか?それは自分が不遇だと思うときがチャンスなのだ。その時が内容を積む準備であり出発点なのだから

占い一言居士:
相性占いは、単にわたしこの人と合っているとか、合っていないなどと戯れをみるためにあるのではない。相性というのもいつも一定であるはずがないのだ。状況や自分の出方によって刻々と変化するものなのだ。その辺をしっかりと分からないで合う合わないと一喜一憂するのはナンセンスだ。相性占いとは相手の内容を知って、その変化にたいする自分の対応を占うものなのだ。

占い一言居士:
改名というのは、いつも未来に向かうものなのだ。昔中近東にロトという人
がいた。塩の商いをしていた。しかし、その街が火山で灰になってしまったのだ。その街から逃げ出すときにロトの妻は後ろを振り向いたのだ。そして、塩の柱になってしまった。改名するというのは、過去は「塩の柱」ということなのだ。残されている道はどこまでも続く希望という未来。

占い一言居士:
命名は出来る限り悩んだ方が良いかもしれない。なぜならば、それだけ真剣に考えた実績が生まれるからだ。親の愛情はそこに表れている。どんな子供になって欲しいのか?占い運命式をしっかりとみて、子供にしっかりと説明が出来る。そこにはドラマがある。だから、子供はその主人公になれるのだ。

占い一言居士:

運勢とは招き寄せるものだ。ところが自分で運をつかみに行くと返って逃げられる。運の方から来たいといわせるにはどうすればよいか?ということになる。運の方が寄って来たくなる内容を身につけることだ。「それができたら苦労はしない?」。だから、努力する価値がある。自分の運命式の内容にあった努力をしてみれば、運勢とは”気”が合うことになるのだ。

占い一言居士:
「水があう、水があわない」という言葉がある。その土地を好きになれるか
どうかの指標をいっているのだ。人にはそういう不思議なつながりがある。
そういうのを皆先祖の性にするのはどうかと思うが、相性は確かに存在する。
同じことが人にも言える。「気が合う」というのは、”理”では計れない世
界で意気投合することだ。そういう相性は運命式によるところが大きい。

占い一言居士:
改名はすべてを解決する手段ではない。他力本願の人が日本人には多いのだが、それではいつまでたっても自分を変えられないでいることになる。「人事を尽くして天命を待つ」という言葉がある。そういう背景があって、改名という手段が効果をもたらすのだ。自分と改名が「一心」になったところで己が開かれる。

占い一言居士:
欲張りな命名は、結局は運勢を失うのが落ちだ。そんなことをいうとひんしゅくを買いそうだが、焦点を絞れないから、どんな人になってどんな人生を送ってほしいかという願いから遠くなってしまうのだ。ひとつの玉を磨いた方が、いい歩ができるはずだ。そういう命名になればいいと思う。

占い一言居士:
命名や改名で、最も気をつけなければならない事は、自分を小さくしてしまうような数字を持ってしまう事です。そのことが自分造りの可能性を閉ざしてしまう事になりかねないのです。荒削りの大きな岩は、磨かれてほどよく個性を発揮するようになるから、運命式は個人がその魅力を発揮できるように道を造ります。それが、命名や改名なのです。

占い一言居士:
改名する事を考えるには、それなりの動機がある。実は自分の運勢と人生に結論を出しているからなのだ。今までの経験から自分の中に自分以上の何かが影響して自分の人生の舵がとれないでいるという事を実感したからに他ならない。
そういう情念が新しい自分の創造への無意識のエネルギーになっているのだ。そういう情念の強い人ほど、実は改名がうまくいくのである。

占い一言居士:
心に願い思うことは皆やましいことばかりである。それが人間の一面でもある。大自然の個々の生き物は自分のために一生懸命生きることで、調和が保たれている。人間だけは万物の霊長として、他のために生きることが問われている。占いで相性を観るということはそういう自分を発見することだ。

 





赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い−ささやき君前のページへ
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い



〒920-0268 石川県河北郡内灘町ハマナス1−68
天使の占い TEL 076−286−5226
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い
E-mail:tamaki@yo-in.com
Copyright(c)2004 yo-in.com All Rights Reserved.