赤ちゃんの命名 改名相談 画数 姓名判断 相性

  • お電話でのお問い合わせ
  • 076-286-5226

一言コラム集・命名編(1)

命名一言コラム(1)

占い一言コラム集は遠山快空(陽陰姓名術「天使の占い」の生みの親であり、
遠山球希の師匠)の格言日記の中で述べている「一言居士」をピックアップした
ものです。占いをする立場の者の姿勢や占いに対する考え方の基本的な考え方をストレートに述べています。
皆様方の何かの参考になればと思いここに記しました。

※いちげん-こじ 【《一言居士》】
何事によらず必ず何かひとこと言わなければ   気のすまない人。

遠山快空

遠山快空

占い一言コラム 命名編

◆命名で一番考えなければならないことは、「個人の運勢」よりも、実は親子の「相性」なのだ。個人の運勢は、親子の相性という土台の上に成り立つということを忘れてはならない。

◆たかが命名、されど命名!なのである。これほどやっかいなものはない。またこれほど責任を感じるものもない。だからゴッドファーザーなのだ。将軍家から一字を拝命した。こうなると、切ることのできない”縁”がそこに生じることになるから、裏切ることができなくなる。やっぱり、命は「こだわる」ことが大切だ。

◆最近命名の依頼で多いのは、画数の「吉、凶」にとらわれる人が多いのだ。心情的にはわかるのだが、一つの数字だけで「人生が吉や凶になってしまう!」ということはないのだ。命名するというのはそんなに単純なものではない。

◆赤ちゃんの名前というは、見ていてもなかなか楽しいものだ。今後の成長ぶりやら、将来の希望、夢がいっぱい入っているからだ。でも、心配なのは育て方なのだ。どんな可能性のある運命式でも「育て方」で様々な可能性が出てくるのだ。

◆赤ちゃんの名前でこだわりたくなるのは、一番重要なのは画数なのだが、もう一つは漢字の意味と、音である。呼びやすさとか親しみやすさというのは、大切だ。自分の名前を呼んでくれる回数が多いというのは、運勢をよくすることにつながる。

◆命名で一番難しいのは、親子の相性だ。これがうまくいかないと、せっかくの逸材も世に出られなくなる可能性がある。ところが、愛情交流ができればいいのかというとそれだけでもない。家族の中で負けないくらいの主体性がなければ自分をつくることができないのだ。その辺のさじ加減は職人技だ。

◆苗字というのはどうも地名から来たものが多いらしい。ところがその地名からおこった苗字が、一族を支配する力を持つようになる。名は大きな運勢の象徴体のようなものだったのだ。だからこそ、その苗字と自分の名前のバランスが命名には重要な要素となるのだ。

◆名字の発祥は地名に由来するところが多い。それでも、勝手に有力氏族にのし上がったかというと、そうではなくちゃんと出自が貴族などにつながるのである。そして近代まで続いてきたのだ。だから命名にはそういう背景をしっかりととらえることが大切なのだ。

◆日本人の先祖は、北方系のアイヌだとか、いや南から来た人たちだとかいろいろといわれる。要するに日本人というのは、日本列島に住むようになった雑多な民族によって成り立ったということができる。それでも、ちゃんと名前を持って文化を育んできたというのは、一つの民族の証明でもある。それが、人の名付け・命名という中に生きている。

◆赤ちゃんの名前を考えるときに、何が一番重要かといえば、その人が素晴らしい力を発揮する人になるという”願い”なのだ。すると、社会や家庭の中で望まれる人になるような運命式が見えてくるから不思議だ。



 1
1011

改名相性占い占い全般



天使の占い・遠山球希

天使の占い(陽陰姓名術協会)のお申込

個人の運勢・運命・相性占い申込
個人相性申込
赤ちゃんの名前・姓名判断申込
命名鑑定申込
運勢・運命を変える改名・ペンネーム申込
改名鑑定申込