赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い SITE MAP 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い COMPANY 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い 問い合わせ
赤ちゃんの名前
物語
天使の占いの特徴
 
鑑定の種類
 
命名の不思議
 
戦国武将の
鑑定例
   
オーダーメード命名鑑定例
   
命名チェック鑑定
の例
 
お客様の声
 
命名相談集
   
良くある質問
   
注意した方がいい
名前
   
鑑定料金
 
サービスの流れ
   
お問い合わせ
   
赤ちゃんの名前
申込
   
プロフィール
   
鑑定師生い立ち
   
 
赤ちゃんの命名 姓名判断  

結婚・相性占い・命名・改名はあなたの事を考えてます。命名一言居士

命名や改名は赤ちゃんの一生や本人の運命を左右します。命名は両親や家族との相性バランスが運命を大きく決定します。バランスの良い命名や改名によって赤ちゃんや本人の運勢を良くし、親子の相性までも考えた改名・命名法を紹介します。

命名一言コラム(9)
赤ちゃんの名前 球希のプロフィール
はじめての方へ 占い Q and A
相性占い 名前鑑定例
改名 球希の鑑定の特徴
お金の運勢 鑑定料金
 

一言コラム集・命名編(9)

占い一言コラム集は遠山快空(陽陰姓名術「天使の占い」の生みの親であり、
遠山球希の師匠)の格言日記の中で述べている「一言居士」をピックアップした
ものです。占いをする立場の者の姿勢や占いに対する考え方の基本的な考え方をストレートに述べています。
皆様方の何かの参考になればと思いここに記しました。

※いちげん-こじ 【《一言居士》】
  何事によらず必ず何かひとこと言わなければ   気のすまない人。

遠山快空
遠山快空
 
 
 
 
 
占い一言コラム 命名編9

◆命名というものがどのくらい影響があるかといえば、人はただ何となく人生かな?と思う。企業の場合は、創業の動機がそこには隠されている。個人の命名ではそこに誕生の物語がある。命名に込められた想いがある。その想いが伝達されていなければ、いつの日か命名の理想も消え去ってしまい、道を踏み外すことにもなりかねない。命名には成って欲しい目的があるからだ。

◆命名は生まれてくる赤ちゃんがこの世で初めて関わりを持つ因を結ぶ「架け橋」となる。その命名を曖昧にしては、この世との結びつきさえ曖昧になってしまわないであろうか?命名の動機は大切である。しかし、命名が人生を解く暗号であれば、命名から価値を見いだすことができるはずだ。だから、命名の持っている意味はいずれその人にとって人生のミッションとなる。

◆命名の中で最近は個性的な名前が多くなってきた。もちろん名前というのも流行がある。だからその流行の名前をつけることがその時代に生き残る知恵なのかも知れないが、だんだん個性は埋没する。するとまた新たな個性を持った名前が登場する。しかし、運命式が示す個人の生き方は個性的な名前と関わりなく変わらない。

◆命名というのは、その国の歴史や風土、神々とのつながりなど深い関係がある。それを無視した名前というものは考えられない。それほど深い意味合いがあるということなのである。例えば、天皇家には苗字はない。何故ならば、日本人の先祖だからである。その天皇家から姓をいただいて出発したということになっている。そこから歴史を経て苗字というように変化発展しているのだ。姓にも名にもちゃんとしたいわれがあるのだ。だからこそ命名には、姓という伝統とのバランスが大切ということになる。

◆占いによる命名というのは、そんな科学的な根拠のないことを信じてどうするという考えがある。そういう人に申し上げたい。占いは科学ではなくて「価値観」である。どんな価値観や考え方で人を見つめ親子関係を考え、教育を施すかということがそこにはデータとして満載なのである。命名はそういう人間のあらゆる可能性が凝縮されているのであることを忘れてはならない。単なる符号としての命名ならば、そういう人は「バカボン」とでもつければいいではないか。

◆命名を考えるに、うがった見方をすれば、「名は命」と読むことができる。新渡戸稲造は武士道の中で「不名誉は木の切り傷のごとく,時はこれを消さず,かえってそれを大ならしむるのみ」といって、名誉を重んじ名を残すことを目標にした。命名というのは、その人の人生において、名を残すに値する名前でなければならないということである。

◆命名にエピソードはつきものだ。だから、命名で家族や夫婦に一悶着あった方がいいのだ。そういう想い出は感情の中に深く残っているから、命名した子供を余計にいとおしく思えることになる。そしてそれは、その子のエピソードとして語り継がれることになる。それが素晴らしいのだ。自分の子供に名前のいわれを語ってやれることほど幸せなひとときはないはずだ。

◆命名には、親の願いを反映させたいというのは当然だろう!でも、そこに自分の「我」がはいっていないだろうか?まあ、「我」が入るなという方が無理かも知れない。それほどわが子というのは可愛くて期待してしまうものなのだ。だからこそ、その期待を持続させる努力が親には問われることになる。そういうときに命名の持つ意味が大きくなる。

◆改名することは、もう一人の自分を造ることでもある。そして自分のつくったもう一人の自分が本物の自分になる日を待たなければならないのである。だから、自分を造ることができないで終わってしまえば、その名前は死んでしまうのである。もう一人の自分も誕生しなかったのと同じなってしまう。自分自身を造る拠り所に神様や名前は必要なアイテムと思えばよい。ある小説の中で安倍晴明が名前は「呪」であるといったがその通りである。

◆命名でいつも考えることは、人をつくるのは、けっきょっく相乗効果ということになるということだ。主体性が強くて、人のいうことも聞かず、唯我独尊で乱暴者という運命式を持った者も、戦国時代の乱世では英雄になれるチャンスもある。平和な時代では、頭が切れて人間関係の世渡りがうまい者がチャンスをつかんだりする。結局は自分の持っている運命式をその時代や環境にマッチングした者がうまく生き残れることになる。すると時代を読む眼も必要ということになる。

◆命名というのは、赤ちゃんだけではなく商品でも命名はある。
いわゆるネーミングという奴だ。その名前に至るには、ちゃんといわれがあるのだ。

でもいわれだけでその商品の人気が出るわけではない。人気の仕掛けがちゃんとあるのだ。ターゲット層にどうしたら受け入れられるかということなのだ。

商品でもそうなのだから、人の赤ちゃんは尚更である。一生というターゲットを背負っての命名であるからこそ、いっぱい悩んであらゆる可能性を追求して、人生というサイクルまでも考えての命名である。

そういう付けられ方をした人はしあわせだと思う。それだけで愛されているのだ。


◆子年の今年は、繁殖の年でもある。ねずみだからというのではない。他に理由がある。実は手相もそうだが、この位置はちょうど子宝を見るところでもあるのだ。
冬の季節は寂しく辛いときではない。新しい息吹を内包するときなのだ。いつの時代でも、子供に恵まれるというのは一番めでたいことなのである。
だからこそ、今年は子宝(優れた質的に高い子供)になるような命名を心がけたいと思う。希望を生みふやせる年にしよう!

 
 
 
前のページ
 110
  11  
  改名相性占い占い全般  


 
プライバシーの保護について(詳しくはここをクリック)

「天使の占い」・陽陰姓名術はお客さまの個人情報(氏名、住所、年齢、電話番号、メールアドレス等の個人を特定することのできる情報)を第三者に対して漏らしたり、ホームページにおいてお客さまがご記入された情報以外の情報を収集することは一切ございません。
また、ご相談によって生じる一切の秘密を厳守し、ダイレクトメールや郵便物、その他勧誘や営業の電話などご迷惑をおかけすることは一切ございません。
 
〒920-0268 石川県河北郡内灘町ハマナス1−68
天使の占い TEL 076−286−5226
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い
E-mail:tamaki@yo-in.com
Copyright(c)2004 yo-in.com All Rights Reserved.