赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い SITE MAP 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い COMPANY 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い 問い合わせ

球希の名前鑑定始まり物語
名前鑑定をはじめたわけ
球希のこだわり(占いの特徴)
  ●カウンセリング的占い
  ●商売的占いは
  ゴメン!
  ●ボランティア的占い
  ●困ったときの心の
  救急車
  ●鑑定に納得いかな
  場合は返金いたし
  ます
占い方法と名前鑑定の流れ
鑑定料金
球希の相性始まり物語
占いの90%が相性鑑定
  恋人との相性鑑定
  夫婦生活の危機
個人相性申込


 

赤ちゃんの名前・改名・相性占いは天使の占い/食べ物・食材の相性

  命名や改名は赤ちゃんの一生や本人の運命を左右します。命名は両親や家族との相性バランスが運命を大きく決定します。バランスの良い命名や改名によって赤ちゃんや本人の運勢を良くし、親子の相性までも考えた改名・命名法を紹介します。
赤ちゃんの名前 球希のプロフィール
はじめての方へ 占い Q and A
相性占い 名前鑑定例
改名 球希の鑑定の特徴
お金の運勢 鑑定料金
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い
食べ物・食材についてのちょっと面白いお話し!
(1)陽陰心の健康 @陽ー愛されて A陰ー1日1善
(2)陽陰体の健康 B陽ー良い光、良い空気 C陰ー良い水、良い食べ物


今回は「食べ物の相性」ということから、食についての不思議さを考えてみよう!
何も相性というのは、人間ばかりではなく、宇宙森羅万象あらゆるものの中に存在するというのだ。だから、どうにも苦手な奴とか、何だか好きになる奴なんているのはいるものなのだ。それが毎日の食の中に歴然とあることを、昔の人は生活の知恵というか、どうやって知ったかはわからないが、知っているのである。
え、!うそ〜、本当!?の相性

@ハムとレタスで発ガン性物質ができる……?
 よくご家庭でサンドイッチなんかを作ると思う!その時に使うのは、ハムだったりレタスだったりする。これが問題なのだ。実はハムに含まれる防腐剤や発色剤とレタスに含まれた亜硝酸が胃の中で、出会い系サイトになると、さあ大変。化学反応を起こした結果、ニトロソアミンという発ガン性物質ができてしまうのだ。
愛するお子様をお持ちのお母さん!わが子を知らないうちにガンに冒される危険を冒していませんか?結果は10年後のガン検診で判明します。

A大根とにんじん夫婦、実はにんじん奥様は「下げマン」だった。
 こんなに栄養素のある素晴らしい内容を持った旦那さんの大根とこれまた美しい赤色をして如何にも素晴らしいにんじん奥様は、さぞかし人もうらやむカップルかと思いきや、大根主人のビタミンCはにんじん奥様に含まれる「アスコルビナーゼ」によって全部破壊されてしまうのである。やはり女性は恐ろしい?こんな夫婦にも救いはあるのか?それがあるのです。実は姑が仲裁に入れば丸く収まるのです。その姑の名前は「お酢!」だったのです。2〜3滴で、出すぎないない姑のアドバイスがあれば、この夫婦は仲良くなれるのです。

Bスポーツとビールは犬猿の仲?
 後々泣きたくない人は、飲まない方がいい?…そうは言っても!
日曜日の早朝草野球なんかで一汗流して、みんなでわいわい言いながら、「乾杯!」なんてわけのわからないこといってビールを大ジョッキで胃に流し込むほど痛快なことはない。ところが、東京女子医大付属リウマチ通風センターの西岡久寿教授によると、激しいスポーツをした直後にビールを飲むと、血液中の尿酸値が急上昇するというのである。こういう事が続くようになると、「通風」の元になるかも?尿酸値が上がるということは、痛風の原因を自分で創っているようなものなのである。
「でもねー!わかっちゃいるけど、あんたやめられる?」・・・(答え)すみません。

Cビールと枝豆……???熱々カップル???なのだ!
 これほど定番の組み合わせはない!ビールと来れば枝豆に決まっている。実は枝豆は薬なんです。アルコールが入れば、それを解毒するために肝臓が疲れる。それでは折角の楽しみがふいになる。そこで最強のパートナー枝豆さんの登場なのだ。
枝豆にはビタミンB群になるコリンという物質が含まれている。このコリンは実は肝臓にたまる脂肪を防ぐという働きがあるのである。だから、枝豆を食べるのはビールの悪い働きを抑止する薬を一緒に飲んでいるようなものというわけなのだ。

D柿の種とピーナッツはお母さんの骨休め?
 柿の種とピーナッツの組み合わせは、仲の良い兄弟姉妹という感じだ。これさえあればお米のご飯やお肉やお魚などは食べる必要がないのだ。どういうことかというと、人間が摂取しなければならない三代栄養素のすべてが整うからなのだ。柿の種は炭水化物とタンパク質、はたけのお肉といわれるピーナッツは、タンパク質と脂肪からできている。だから、三人様そろい踏みというわけなのだ。これさえだしておけば、旦那には飯は食わせなくていいのだ。何と便利な食べ物ではないか?

E牛肉の天敵はシラタキ…獅子身中の虫?
 鍋料理の中ですき焼きなどは、今や高級料理の代表になってしまったのであるが、それもこれも、狂牛病のせいで安心して食べられるのは和牛のみという食の危機的状況が続いているからだ。その和牛を台無しにしてしまう奴が潜んでいたとは、神様仏様も知るよしもない。「敵は身内にいる」ということが現実になった。それは”シラタキ”という女だった。かわいい顔して、彼女はこんにゃくいもを父に石灰を母親に生まれたものだから、この母親のお節介(石灰)のカルシウム分によって、大切な和牛の肉が固く黒ずんでしまうのである。世の男性諸君!きれいな女性に近づいてはいけないのだ。

F梅干しはウナギのいじめっ子?
 昔から、ウナギと梅干しを一緒に食べるとお腹をこわすなどといわれたものである。本当かというと、どうも一理はあるらしい。健康な人がこれらを一緒に食べても何ともないのが普通だが、ちょっと体力が弱っているときに、元気が出るようにということで、ウナギを食べ、体にいいからと梅干しを食べるとどうなるか?
梅干しはアルカリ性食品で胃酸を中和する働きがあり、一方ウナギは脂肪分ぎらぎらだから、これでは胃の消化能力が落ちて、折角のウナギがかえって胃の負担になってしまうことになりかねないのだ。やっぱり相性はあるのだね!

Gカレーのジャガイモは原形をとどめないと、あとで困ることになる?
 カレーが嫌いだなどという子供は未だにお目にかかったことがない。それくらいカレーライスはポピュラーな食べ物だ。食卓の希望といってもいいくらいだ。ところがカレーほどその時の気分で味が変わるものも珍しい。毎回同じ味であったためしがない。時には辛すぎて閉口するときもあるかも知れない。そんな時は「ジャガイモさーん!」と呼んでみよう!ジャガイモ君は辛さから舌を守ってくれる勇士なのだ。辛いと思ったときは、ジャガイモをつぶしてカレーのルーと混ぜる。そうすると、カレーの辛さを和らげる働きがあるのだ。だから、カレーを作るときは、ジャガイモ君をちゃんと残してあげないといけないのだ。

H焼き芋に塩を付けても、塩分のとりすぎにはならない。
 お芋は女性の大好物であることは、いうまでもない。「私嫌いよ!」などとうそぶいても始まらない。お芋には食物繊維がいっぱいあって、お腹のお通じには欠かせないものだからだ。それ以外にもいっぱい栄養素がふんだんに入っている。中でもカリウムは多量に含んでいる。カリウムは体内からナトリウムを追い出す作用があるから、お芋を食べると喉が渇くというのも、カリウムとナトリウムのバランスが崩れるからだ。だから、お芋を美味しくてベルには少しのお塩は効果的なのだ。それに、塩分とりすぎたと思ったときはお芋を食べればいいということになる。

I鮨に似合うのは、わさびとショウガと熱いお茶!
 「そんなこたあ!誰でも知ってるぜ!こちとら江戸っ子ダイ!」などと金沢から発信しても一向に意気は上がらない。それでも、金沢には江戸の香りが残る町がある。昔加賀百万石に嫁いできた将軍様のお姫様が連れてきた供の者達が住んでいた町だ。今でも珠姫を祀ったお寺がある。それはさておき、鮨という生ものはやはり鮮度が命、ちょっとでも古くなれば危険が伴う。そこで真打ち登場!それが「わさび」だ。ただからくてツンと来るというだけではない。強烈な殺菌力があるのだ。だからわさびは、ネタに付けて食べるのが本当の食べ方だ。それでも暑い夏は、安心できない。予備役兵を準備した。それがショウガである。これは単にお口直しというのではない。わさびで殺菌できなければショウガがあるさというわけだ。
本当のお口直しは、熱いお茶なのだ。ぬるいのはダメだ。何たって江戸っ子で気が荒いからね!というわけではなく、鮨ネタには脂肪分が意外に多い。だからそれが舌に膜を作り、味覚の働きを鈍らせてしまうのだ。だから熱いお茶が必要なのだ。猫舌だろうが関係ない!熱いお茶は脂肪分を溶かして味覚を回復する効果があるのだ。

Jスイカと天ぷら…あかの他人!
 スイカと天ぷらの食い合わせが悪いのではなくて、体を冷やす果物と油っこいものでは共に体力が奪われて、調子が悪くなるのは当たり前だ。スイカと天ぷらが取りざたされるが、これはどうも水と油が合わないところから出てきた考えのようだ。それよりも、果物と油っこいものと考えた方がいい。体の熱エネルギーを奪って、尚かつ油は肝臓に負担をかける。疲れているときは逆効果なのだ。

K朋(とも)遠方より来たる有り、亦楽しからずや……なすとショウガ
 「志を同じくする友がはるばる遠方からたずねて来て、忽(たちま)ち意気投合して語り合う。これは何とも楽しいことではないか。」
そういう意味なのだが、なすとショウガはまさに「朋遠方より来たる、また楽しからずや」という関係なのだ。体を冷やすなすと体を温めるショウガは、人間の体にとって絶妙なバランスといっていいのだ。まったくこういう食べ方を考え出した昔の人には頭が下がる思いである。それにしても「秋茄子は嫁に食わすな」というのは、姑の嫁いびりとばかり思っていたが、これがとんだ大勘違いとわかったときは、「穴があったら入りたい」気持ちであった。実は、跡取りを生んでくれる大事な嫁が、体を冷やすなすなど食べて、お腹をこわしでもしたら大変と、家族の思いやりと深い愛情が作り出した「諺」であったのだ。「秋茄子を嫁に食わすな」という言葉は、家族の愛情として語り伝えねばと思う次第だ。

TOP Next 個人の運勢・運命・相性占い申込
個人相性申込
赤ちゃんの名前・姓名判断申込
命名鑑定申込
運勢・運命を変える改名・ペンネーム申込
改名鑑定申込
〒920-0268 石川県河北郡内灘町ハマナス1−68
天使の占い TEL 076−286−5226
赤ちゃん 名前 姓名判断 改名したい 改名効果 改名相談 画数鑑定は天使の占い
E-mail:
tamaki@yo-in.com
Copyright(c)2004 yo-in.com All Rights Reserved.