赤ちゃんの命名 改名相談 画数 姓名判断 相性

  • お電話でのお問い合わせ
  • 076-286-5226

赤ちゃんお七夜命名式とは

お七夜・命名式の由来

個人の運勢・運命・相性占い申込
個人相性申込
赤ちゃんの名前・姓名判断申込
命名鑑定申込
運勢・運命を変える改名・ペンネーム申込
改名鑑定申込

»お七夜とは

赤ちゃんが誕生して無事に7日目の夜を迎えられたことをお祝いし、健やかな成長と無病息災を祈願する行事です。

その由来には諸説ありますが、医療技術が発達していなかった時代、生後間もない赤ちゃんの生存率は低かったようです。このことから、生まれてから6日目まで「赤ちゃんの生命は産土神に委ねられ、7日目で無事に人間の子となる」と考えられていました。

また、その6日間は神から与えられた幸せを運んでくれる存在として、皆で崇められる期間でもありました。
お七夜

»命名式
産神である6日間は名前をつけず、7日目に社会の一員として認めてもらうため名前をつける儀式を「命名式」と言います。「神様からのご加護を赤ちゃんがしっかりと受けられるように」という思いを込め、古来、お七夜から命名式まで行われてきたのです。

■お七夜・命名式の祝い方

お七夜の数え方としては、生まれた日を1日目として7日目(生後6日目)の夜にお祝いをします。

正式な祝い方としては、命名式を行った後に祝い膳を囲み、家族や親戚が集まって赤ちゃんのお披露を行います。ただ、ちょうど退院の時期と重なりますので、お母さんの体調を考慮して命名式だけ行い、お披露目や盛大な祝宴はほかの日にすることも一つの方法です。

赤ちゃんの名前を書いた「命名書」は、一般的に神棚や床の間にお供え・飾りますが、神棚や床の間がない場合は鳥居や壁などの目立つ場所、ベビーベッドの枕元でも問題ありません。
赤ちゃんの命名は、その子の一生に関わると言っても過言ではない重要な事柄です。その子の一生を見据えた、愛情たっぷりの命名式でわが子の幸せを願いましょう。

お七夜
親子の関係と個人の運勢を考慮した、バランスの良い名前をつけたいとお考えの方は、天使の占いにご相談ください。命名チェックを行う方法と、マンツーマンでコーディネートする方法をご用意いたしましたので、社会面・家庭面でバランスの良い名前を見つけていただけます。赤ちゃんの命名以外にも、姓名判断や改名、画数、相性占いなど、メールでの鑑定も承っていますので、お気軽にご相談ください。



天使の占い・遠山球希

天使の占い(陽陰姓名術協会)について

個人の運勢・運命・相性占い申込
個人相性申込
赤ちゃんの名前・姓名判断申込
命名鑑定申込
運勢・運命を変える改名・ペンネーム申込
改名鑑定申込