●改名申立書・押さえておきたいポイント


●改名申立書・押さえておきたいポイント



名前は生涯使うものであり、その人の看板としての役割を担っています。

しかし、中には名前によって苦労したことがある方もいらっしゃるでしょう。

そういった方は改名をすることが可能ですが、改名するには手続きを行う必要があります。
改名申立書を記入する際は、いくつかのポイントに気をつけてください。

改名

■改名を行う際に認められる理由とは?

改名の申し立てを行う際には、名前を変更する理由とその理由を証明する資料を準備する必要があります。

申し立てで認められている理由として、「奇妙な名である」「難しくて正確に読まれない」「同姓同名者がいて不便である」「異性とまぎらわしい」「外国人とまぎらわしい」「神官・僧侶となった」「通称として永年使用した」「その他」といった八つの理由が認められています。

どの理由に該当するのか、改名を行う理由を明確化することが改名申立書を記入するポイントとなります。

■具体的な理由の記入

できるだけ具体的に記入することも重要な点の一つです。

現在の名前であることによってどのような支障があるのかについて、具体的で論理的に説明することで申請が通りやすくなります。

また、心情を交えて記入することで、アピールポイントに繋がります

改名

■新しい名前を考えるポイント

基本的に新しい名前の決め方に特別な規則はありませんが、理由に合った名前を希望することによって、申請が許可されやすい傾向にあります。

例えば、読み方が難しいことから改名を希望する場合には、読みやすい漢字を使った名前がおすすめですし、同姓同名者がいて不便を感じている方は、漢字は変えずに読み方だけ変えることも可能です。

新しい名前にお悩みのときは、占いを利用するのも一つの方法です。漢字の画数によって運気が変わってくるため、改名相談を利用してみてはいかがでしょうか。

いくつか候補があるという場合は、どの候補が良いのか相談することも可能です。
自分にぴったりの名前を見つけるきっかけとなるでしょう。

お七夜

赤ちゃんの名前・姓名判断・命名鑑定のお申込み
天使の占いは
チェック命名鑑定は1個500円、4個2,000円から出来ます。
個数は自由にお申し込み出来ます。
またオーダメード命名鑑定は20,000円です。

その他ご質問・お問い合わせはtamaki@yo-in.comまで
お気軽にご連絡下さい。
遠山球希がお答えいたします。


次は、ー「漢字の意味やイメージにあわせる」へ

Copyright(c) 1995 yo-in.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com