赤ちゃんの命名 改名相談 画数 姓名判断 相性

  • お電話でのお問い合わせ
  • 076-286-5226

天使の占い解説8

姓名のペアシステム

●2、姓名にもペアシステムがある

(1) 姓と名のペアシステム

姓名(個性体)には、その名を付けるときから必死なる親の願いが込められているのです。それは先祖の全ての因縁、親の七光も善因縁も悪因縁も、全てがこの姓名の中に込められているのです。 ですから名前をつけるときは、親は知らない間に先祖の因縁を受け、その先祖の因縁が現れるような名前を付けてしまうのです。見えない先祖の様々な作用は私達の姓名を通して、その因縁が現実のものとなって現れてくるのです。
姓名のペアシステム

 

(2) 姓と名の陽・陰ペアシステム

人の姓名は先祖とあの世、親の願いの中に存在していますが、その先祖の因縁の働き(先祖の光、功労、様々な善因縁悪因縁など)が、姓を通して名前に現実的に幸不幸、病気、苦労などの結果として現れてきます。これはちょうど、太陽の光が姓から名を通って地上に恵みや災禍をもたらすように、人間の姓名は太陽の運行法則と同じように陽と陰の働きを持っているのです。 姓は先祖から受け継いだものであり、姓にはそれをつけた因縁、由来、いわれ、原因があります。→親の七光
名は個人を表すものであり、姓(生)を受けて名を付けるのですから、姓の影のようなものです。

先祖に偉い人が出ると、子孫は皆その先祖とのつながりを主張するようになって、その名にあやかろうとします。従って姓と名のバランス(陽、陰)(心と体)がとれていないと、相互に良い影響を出して運勢を作ることが出来なくなります。
姓の持つ運勢が名に影響を与え、名の持つ運勢が姓に影響を与えるので、名前の付け方を間違うと人生はとんでもない結果になってしまうのです。
先祖と親の七光

 

(3) 姓名と太陽の運行法則

このように考えてくると人間の姓名と太陽の運行法則は同じように「心と体」「陽と陰」という二性の相対的な関係を結んで円形、球形運動をしていることが分ります。 そこで地球から見れば、ちょうど地球の周りをあたかも太陽が回っているように錯覚します。(実際は太陽の周りを地球が回っています。) 姓名を地球と考えれば、姓名を中心として太陽がその周りを回転しているように見えるのです。 そして、名前は重要な意味を持っているのです。名前はその人を表す固有名詞ですが、その中には様々な意味が含まれ、親の願いが込められて、太陽と地球のように陽と陰の相対的関係を結んで回っているのです。その名前に含まれる文字には文字自体が持っている性格があるのです。その意味を持つ文字が回転しているのです。

例えば皆さんもよく聞かれると思いますが、女性の場合“幸子という名の女性は薄幸である”などと言われたりします。何故でしょうか?実際、政子という名は強い女だからダメだなどと噂しあったり、何か名前の中に含まれている暗示のようなものを感じたりしていると思います。

実際に北条政子などは希代の女傑です。名はその人の幸福に対する親の願い望が込められているのです。そこで人間の幸福は名前に隠された自然界の原則を知って、本当の幸福を自分の手でつかんでみましょう。

姓名と太陽の運行法則

        8