赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い SITE MAP 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い COMPANY 赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い 問い合わせ

赤ちゃんの名前
   
相性占い物語
離婚後の名前
どうする?
 
離婚後の名前
相談申込
 
相性相談・夫婦
 
相性相談・離婚
   
相性相談・結婚
 
相性相談・親子
 
相性鑑定例
別れた恋人
   
相性鑑定例
夫の浮気
   
相性鑑定例
彼とのつきあい方
   
相性鑑定例
旧姓・今の姓・・・
 
相性鑑定例
結婚
   
相性鑑定例
その他
   
相性鑑定の申込
   
鑑定料金
   
サービスの流れ
   
お問い合わせ
   
プロフィール
   
鑑定師生い立ち
   
 
 

社長名・リーダー名の名前判断

赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い
Back
TOP 運勢・運命を変える改名・ペンネーム申込
改名鑑定申込
赤ちゃんの名前・姓名判断申込
命名鑑定申込
個人の運勢・運命・相性占い申込
個人相性鑑定申込
閉じる

■人物探訪・・将棋界の天才・羽生善治さんのリーダー名を考える

-----------------------------------------------------
2017年12月5日、将棋界初の永世7冠となった羽生善治さんの名前を判断してみよう! 

●<羽生善治さんの運命式> 

19 11 23
14 31 17
26 30 25

★羽生善治さんの全体像
もう将棋の申し子の様な人ですね!
そうとしかいいようがありません。
何故かというと、将棋のために生まれてきたような運命式の配列を
しているのです。
心霊運26-本性31-仕事運23

これは凄いね!
目的が明確。戦略的思考。常にリーダーシップ。

★もう少しこの配列を解説します

<心霊運26の戦略性>
ここに26があるというのは、将棋という頭脳戦で相手に対する戦い方、戦略的な目標を明確に持つことができ、作戦を立てる能力に優れていることを意味する。
これは、常にどうするか!という策を考え続けるという芸術的なまでの思考の訓練をし続けるという習性の様なものである。

wikipediaによれば、こんなエピソードが紹介されている。
相手が悪手を指すと不機嫌になると言われており、羽生が勝利した第57期王座戦第2局ではまだ難解な将棋を投了した挑戦者の山崎隆之に厳しい言葉を投げかけたと言われる。このときの姿は『将棋世界』2009年12月号(日本将棋連盟)の観戦記にも「羽生には勝利を喜ぶ、あるいは勝利に安堵するといった雰囲気は微塵もなく、がっかりしたように、いやもっと言えば、怒っているようにも見えたからだ。」と記されている。また、本人も「相手でも自分でも、どちらかが悪い手を指すと、もっとすごいものを作り出せそうなチャンスがなくなってしまった、ということですから。」と発言している


<本性31の持つ意味>
この本性というのは、自分の基本的な立場を立ち位置など全般的なことに影響を与えるのであるが、ここに31を持つというのは、自然体で自分の目的性を思考しているということである。自分がどこに向かおうとしているのかを常にチェックできると言うのは、決して自分を見失わないということでもある。

wikipediaではこんな発言をしている。
初タイトルの竜王を失った1990年の竜王戦七番勝負は、谷川3連勝の後に羽生が1勝を返し、最終的に4-1で谷川が奪取した展開であったが、角番で1勝を挙げた第4局は、入玉模様ではなく攻め合いであったにもかかわらず、203手という長手数の激戦であった。この一局のことを、羽生は「それまでは、昇級・昇段・タイトル獲得という上だけを見ていたが、初めて後ろ向きで対局したという意味で、(将棋観を変えた最も)印象に残る一局」


<仕事運33はどんな影響を持つか>
ここは仕事に対する姿勢をみますから、将棋を指すということに対する羽生さんの姿勢が現れるということになります。
それでは33という数字はどんな影響を持つのでしょうか?
ここに33があるというのは、仕事面では何らかの分野で自分が一番になれる可能性を表しています。
そういう強さが備わっているということなのです。

wikipediaではこの辺面目躍如なところを見せている。
1993年12月24日の対谷川戦(第63期棋聖戦五番勝負第2局)において、序盤で4四の歩のタダ取りを許す△4二角、さらには、いったん敵玉に迫っていた7九のと金を、香車を取るだけのために2手をかけて△8九、△9九と「退却」させるという、将棋の常識からかけ離れた奇手を指した。売られた喧嘩に谷川が応じる展開の乱戦となり、さらに終盤だけで80手ほどもある激戦となったが、結果、羽生が勝利している。


★この3つの特性が一列に配列されると凄いことになる

まとめてみると、本性の持つ31の目的性と心霊運の持つ26の戦略性が相対的な関係を結ぶことで、目的を明確にすることで戦略的な価値を生み出し、戦略を立てていくとその目的性がはっきりと見えてくるようになるという、この関係性が相互に影響し合って、更に将棋の戦略性と更なる目的の高みをを目指していくことになります。
ここに仕事運33の持つ力が関わって、心霊運26と本性31の連合軍に対して仕事運33との相対的な関係で仕事運33が主体的な役割を演じることになる。
常に一番であり続ける。常にリーダーであり続ける。そういう力を自然に持っている。
それが戦略と目的性を強烈に引っ張っていくことになる。

●・・・ひとこと・・・

運命式が羽生善治さんという天才を育てのかなとも言えるような気がする。


Back TOP 運勢・運命を変える改名・ペンネーム申込
改名鑑定申込
赤ちゃんの名前・姓名判断申込
命名鑑定申込
個人の運勢・運命・相性占い申込
個人相性鑑定申込
閉じる
〒920-0268 石川県河北郡内灘町ハマナス1−68
天使の占い TEL 076−286−5226
姓名判断 画数 仕事 人間関係 性格 運勢 運命は名前鑑定の天使の占い
E-mail:tamaki@yo-in.com
Copyright(c)2004 yo-in.com All Rights Reserved.