命名・相性占い・改名・結婚はあなたの事を考えてアドバイスをします。

命名は赤ちゃんの一生を左右します。両親や家族との相性バランスが運命を大きく決定します。バランスの良い命名によって赤ちゃんの運勢を良くし、親子の相性までも考えた命名方法を紹介します。バランスの良い改名によって本人の運勢を良くし、親子の相性までも考えた改名法を紹介します。
赤ちゃんの名前 球希のプロフィール
はじめての方へ 占い Q and A
相性占い 名前鑑定例
改名 球希の鑑定の特徴
お金の運勢 鑑定料金

赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い−ささやき君前のページへ
*遠山快空の…格言日記…*  快空の格言日記トップ   
天使の占いTOP
赤ちゃんの名前
改名占い
相性占い
命名法
占い始まり物語
占いとは!
空海について
戦国武将達の占い
メールマガジン
会社概要
球希のプロフィール
プライバシー
球希ってどんな人?
占い教室
占い教室の様子
メール・電話/声
虹のたより
電話鑑定
電話鑑定の流れ
球希の館アクセス
占いサイトマップ
サイトマップ
相互リンク申込
相互リンク
鑑定前の問い合わせ
球希の占い日記
快空の格言日記
快空の占い夢日記
お問い合せ
 

07年9月29日
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・姓名判断は名前鑑定の「天使の占い」。 遠山快空の
日頃の思うままを格言に託して、風のようにひょうひょうと、ちょっと為になる格言日記になれば・・・。

格言−「可能性」はゼロではないのだ、本当に・・・
---重松清(作家)---

何かをしようとするときに、必ずその何かを達成しようとする可能性に
ついて頭の中で検討することになる。可能性の確立を出して、戦略を練
りながらそれで実現のレベルをはかることになる。その確立が50%を
超えるならば挑戦する価値はあるかななどと、いろいろと模索するとい
うことだ。

そういうのが当たり前の社会なのだが、それに合わないことがある。可
能性がゼロとか、皆が「どうせできないから」などと反対するから、
「それならやってやろう」などと闘志を燃やすことがある。そういうこ
とをするのは、大体若い人が多い。若いからこそ、頭の計算ではなく自
分の心情で動くことになる。今ではそういうことが懐かしくなってしま
う年齢になった。しかし、これは年齢ではかってはならないのかも知れ
ない。

古い話だが、韓国動乱(北朝鮮軍が突如軍事境界線である38度線を突
破して南の韓国を侵略したのだ)が起こったとき、すぐに国連軍は動き
出した。まだこの時の国連はまともだった。そして、一時は米軍を中心
とした国連軍は釜山周辺まで追いやられて、もう後がないところまで追
い込まれていた。そこで、マッカーサーは仁川上陸作戦を敢行しようと
した。この仁川は潮の干満の差が激しく、上陸に許される時間帯はわず
かである。参謀の誰もが危険と成功の可能性を出して反対した。その時
のマッカーサーの答えが「皆が反対するからやる」ということなのだ。

ゼロでない可能性にかけるというのは、とても冒険がいることだ。そし
て、誰もが安全パイをとりたがるものだ。それなのにその安全パイをと
らないであえて冒険をする人がいる。わざわざ危険を冒して可能性の低
いことに挑戦するのだ。馬鹿といわれるかも知れないのだが、それでも
実行にうつさざるを得ない心情がある。そういう衝動に突き動かされる
のだ。そこに若さがある。いつの時代でもそういうことをやれる人こそ
若いといえる。今でも、その可能性「ゼロ」でないことにかけようとす
る人こそ何かに挑戦できる創業者になれるということだ。

占い一言居士
占いというのは多くの人の心を引きつける魅力がある。それは、自分に
関わりを持つからだ。自分の未来とか可能性などをどこかではかること
ができるからだ。そこのところが魅力なのだが、知るというのも怖いと
いう心があるのも本当だ。しかし、考えようだ。知って早く対策を立て
れば道が早く開かれることになる。占いはそういう道具だと思えばいい
のだ。しかし、占いは未来を予言するものでは決してないことだけ言っ
ておこう!

07年9月26日
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・姓名判断は名前鑑定の「天使の占い」。 遠山快空の
日頃の思うままを格言に託して、風のようにひょうひょうと、ちょっと為になる格言日記になれば・・・。

格言−不自由を覚悟できない人は、結婚してはいけないのに・・。
---神崎京介(作家)---

結婚することは、一人が二人になることです。単に量的に増えるという
ことよりも、ありとあらゆるものが二人民主主義ということになるので
す。今まで、一人で判断し一人で行動して、一人で結果に責任をとって
きたものが、二人で判断し、行動は二人の場合もあるし一人の場合もあ
るけれど、結果は二人が責任をとるということになってくるのです。要
するに、今まで自分が自由と思ってきたことが実は自由ではなくなると
いうことなのです。

一人の楽しさだけを味わってきた人は、実は二人の楽しというのを知ら
ないでいますから、反対に二人に増えるという煩わしさだけが頭に残っ
てしまうことになります。そういうのは結婚に対するマイナス思考とい
うわけです。本来結婚というのは、夢や希望を描きやすいものなのです
が、それをここまでマイナス思考するということ自体どこかに相当のコ
ンプレックスを持っているということがいえます。こういう結婚観を持
っている人が、親からすすめられて何となく結婚したというのは、決し
ていい結婚にはならないのです。

動物は結婚に時期があり、自分で結婚の時を選べるというのではなく、
その時のある一時期にしか相手を選べないのです。そう考えると、人間
というのはいつでもどこでも相手を選べることのできる愛情の能力を持
っているということなのです。それは、長い間かかって人間が獲得して
きた財産に違いありません。動物が結婚するときにはちゃんとルールが
あります。そのルールに乗っ取って結婚が行われます。動物は相手との
とても上手なやりとりを致します。そのやりとりの結果がうまくいくと
結婚に至るのです。人間でもこのやりとりのできない人がいます。それ
自体が種の保存の原則に違反していることになります。

実は結婚というのは、相手のために生きるということの究極の選択とい
うことなのです。だから、結婚によって自分のためにいきられないとい
うことが分かった人は結婚してはいけないのです。そういう人が結婚願
望を持つことは相手に対して失礼ですから、やめてもらいたいものです。
たぶんそういう人は自己の欲望の対象としか相手を見られない人という
ことになります。社会の中で自己のテリトリーだけを守って生きるとい
うことを選択したのであれば、人との関わり合いをできる限り少なくす
るのがいいのです。そうしないと、結局は相手を不幸にするからです。

占い一言居士
相性というのは、やっぱしあります。やっぱしと書いたのは、そんなも
のは信用していないという人がいるからです。しかし、どんなものにも
適した相手というものが必ずあるものです。逆に考えると、相性が合う
というのは、それだけで実は新しい何かを創造する目的を互いに持って
いて、それが一致しているから相性が合うのです。それが宇宙の法則と
いうものなのです。水素と酸素が結びついて見ずになるようなものです。
これは元々水を構成するためにあったと考えてもいいわけです。自分と
妻は、または自分と主人はこういう家庭を作るために出会ったんだ。そ
う考えても相性的には間違いはないのです。

07年9月25日
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・姓名判断は名前鑑定の「天使の占い」。 遠山快空の
日頃の思うままを格言に託して、風のようにひょうひょうと、ちょっと為になる格言日記になれば・・・。

格言−貧乏は不名誉ではない。貧乏を恥じる心が不名誉である。
---後藤新平(明治〜昭和初期の官僚・政治家)---

大風呂敷とのあだ名のついた後藤新平であった。後藤新平などと呼び捨
てにしてはあの世から怒られそうだが、そう呼んでみたい気概にあふれ
た人物であったことは間違いない。関東大震災後は、内務大臣として東
京復興の辣腕をふるい、現在の東京の基礎を築いた。なかなか尊敬でき
る政治家というのはいないのだが、後藤新平だけは、何故か親しみが持
てるから不思議だ。何が大風呂敷かというと、彼が企画することのスケ
ールの大きさは、官や民の意識から常にはみ出しているからだ。

後藤新平の残した言葉に次のようなものがある。、「よく聞け、金を残
して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上
だ。よく覚えておけ」である。彼は元々医者である。その医者としての
生物的な知識を政治の運用に用いたから彼の政策は決して現実から離反
せずに、現状に即しながら大改革をやってのける力が生まれたのではな
いかと思う。それに、人材の登用が実にうまかった。若いエネルギーを
十分に活用したのだ。だからこそ、多くの人が親しみを覚えると言うこ
とが分かるような気がする。

ところで、この時代明治から昭和初期は国全体が貧乏であった。だから、
この国の中で金持ちはごく一部の人のみと考えていい。皆貧乏なのだ。
それでも江戸末期から明治維新をやってのけ、廃藩置県を行い、短期間
の内に中央集権体制を整えたのは、本当に奇跡としかいいようがないの
だ。この当時大名達は皆借金で困っていたのが実情なのだ。その大名達
の経済問題を国が保証をしてやった。そして、実質的に国を動かすこと
のできる官僚体制を確立した。これは、国が貧乏だから改革ができない
というのではなく、貧乏でも高い意志と政治力、それに資源の集中とい
う戦える制度を作り出したからに他ならない。

本当の貧乏というのは、「赤貧洗うが如し」で本当に精神も、物質もな
いような状況に陥ってしまうことである。貧乏の程度というものもある
のだが、誰も好きこのんで貧乏になるのではなく、結果的に周囲と比較
して貧乏なのだから志まで失ってしまった貧乏とはわけが違う。貧乏は
公言していいではないか!貧乏を隠すよりは、貧乏であることをみんな
にも認識してもらい、そこで自分が戦うというのが志を持つということ
だ。隠すという風潮を自分で作ってしまえば時代に負けてしまう。現代
はドックイヤーの時代、一時の栄華に酔いしれていれば、本当の貧乏に
なってしまうのだ。貧乏をオープンにして戦うのがいいのだ。

占い一言居士:
改名してみると面白いことが見えてくる。それは今までの自分では見え
なかった世界があるということだ。どうしてかというと改名によって、
自分の意識範囲が大きく変容したからなのである。今までは右が全てだ
と思っていたのに、実は左があったということが気がつくのだ。もちろ
ん最初から左はあったのだが、自分にとっては実在していなかったこと
になる。それが見えるというところに改名は人の意識力を変えたという
ことがいえるのだ。本気になって改名してみればそういう体験ができる。

07年9月18日
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・姓名判断は名前鑑定の「天使の占い」。 遠山快空の
日頃の思うままを格言に託して、風のようにひょうひょうと、ちょっと為になる格言日記になれば・・・。

格言−これは法事のためなり。なんぞ身命を惜しまん。諸人去かずんば、
われすなわち去かんのみ。
---鑑真---

日本に初めて仏教の正式な戒律をもたらした人としてあまりに有名であ
る。日本への渡航5回も失敗し、それでも日本への渡航をあきらめずに
いたのだが、当時の玄宗皇帝は鑑真の才能を惜しんで出国を許さなかっ
た。鑑真は遣唐使船に密航するような形で乗船し、暴風雨に見舞われな
がらもやっと日本に到着した。この鑑真の決意と信念はどこから来るの
だろうか?中国にいれば、南山律宗の継承者として何の不自由もなく生
涯を送れたものを!

当時の中国から日本へ来るということは、超先進国から開発途上国に来
るようなものであるから、よほどのことがない限り日本へは来ないので
はないかと思う。ここは鑑真の信仰の力という他は考えられない。日本
という国に仏教の神髄を伝達したいという篤い情熱があったのだろうが、
それにしても日本は恵まれた国であると思う。鑑真がいなければ、今の
日本の宗教界は全く違ったものになっていたであろうから!

戒律というのは、ひとまとめの言葉であると思っていたが、そうではな
いらしい。戒というのは、自分で自分に誓うことを意味していて、律と
いうのは10人以上の正式な僧侶の前で行われる誓いの儀式である。と
いうことは、「律」を受けていなければ、公認されたお坊さんというこ
とにはならないのだ。人間というのは弱いもので、どんなに自分で決意
しても誰もその決意を知らなければ、「ちょっとくらい分からないだろ
う」といってなし崩しになってしまうのである。酒やタバコがやめられ
ないのは、そういう人間の弱さなのだろう!

鑑真は「法事のためには命を投げ出す」こういう事をいっているのだが、
今風にいえば、自分のミッションを命懸けで果たすということになる。
そういうことになるのだが、いったい現代人の何人が自分に使命感を感
じているのだろうか?命懸けで取り組むほどの価値あることを何人が持
っているのだろうか?そういうことを考えると、イデオロギーの洗礼を
受けた我々も、いつの日にか昔持っていた情熱が色あせてしまっている
ように思えてならない。鑑真は67歳の時に日本に来ましたから、決意
して模索すること10年あまりの歳月があります。すると今の我々の年
齢に近いときに日本行きという無茶なな決意をしたということになりま
す。

占い一言居士:
命名とは何であろうか?「ただ名前をつけること?」ではないはずです。
そこには、万感の想いが込められて、その情感の全てが凝縮して命名に
なるのです。いわば宇宙のロゴスがそこには塊になっていると考えてい
いということなのです。命名と両親と赤ちゃんに万歳!

07年9月10日
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・姓名判断は名前鑑定の「天使の占い」。 遠山快空の
日頃の思うままを格言に託して、風のようにひょうひょうと、ちょっと為になる格言日記になれば・・・。

格言−50歳になったら、積極的に旅をしよう!
---童門冬二(作家)---

「人間50年」とはよくいったものである。昔の人は、50歳という理
を自然に知っていたのかも知れない。そういえば、還暦は60歳である。
人生60歳でもう一度人生を歩き始めるのである。だから還暦という。
その前に50歳という年齢が自分を振り返るチャンスというわけなのか
も知れない。

大体50歳を過ぎた頃から肉体も限界を迎えてメインテナンスが必要に
なるのだ。50肩ともいう。ある日突然に肩が痛くて上がらなくなるの
だ。実際になるまでは、そんなこと本当かな?などと疑っていたのだが、
自分がなってみるとやっぱり本当なんだと得心がいくのと同時に、妙に
がっかりするものだ。自分の年齢を見せつけられる現実だからに違いな
い。

この年齢になる頃までに、世のお父さんもお母さんも走り続けてきたに
違いない。目の前の現実との格闘が待っているからだ。それは避けるこ
とのできない運命みたいなもので、それを通過しないと次がないからな
のだ。でも、50歳という年齢は、もうそろそろ心のメインテナンスを
してもいいのではないですかというサインのような気がする。それがい
ろいろと体を通して心が送ってくる信号なのだろう!信号を発見するセ
ンサーがちゃんとしていないと、これも分からなくなってしまう。だか
らその前にちょっとメインテナンスということだ。

旅というのはいい。「旅の恥はかき捨て」とよくない意味で言われるが、
旅というだけで旅そのものが人に現実を忘れさせてくれる何かがある。
だから、旅というからにはパックツアーには参加しないことだ。旅が与
えてくれる何かを心がキャッチすることが必要なのだ。なかなか自分の
心と対話するっていうのはできるようでできない。向き合うこと自体が
何だか初めての恋人みたいな感じでこそばゆい。だからこそ旅にはその
チャンスがある。

占い一言居士:
占いとは何だろうと思うのだが、人はどういうわけか不安になると占っ
てみたくなるものなのだ。占いは予言とは違う。予言は未来の可能性を
予知するものだ。預言は人に対する神の言葉や意志を預かるものなのだ。
だからこそ、それはメッセージになる。占いというのは、ちょうどその
中間にあるようなものだ。だから預言もすれば、予言もする。その境界
のあやふやのところが魅力でもある。

07年9月6日
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・姓名判断は名前鑑定の「天使の占い」。 遠山快空の
日頃の思うままを格言に託して、風のようにひょうひょうと、ちょっと為になる格言日記になれば・・・。

格言−落馬した人を見て、馬がクスクス笑ったなどという話は聞いたことがない。
---河合隼雄(臨床心理学者)---

そういえば、動物というのは笑わないらしい。どうも笑うという感情表
現ができるのは、人間だけということだ。その人間が、悲しいときや苦
しいときに動物が側にいるだけで慰められることはよくある。同じ人間
がいるよりも動物の方が心が慰められるのだ。それに、動物というのは
どんなときでも変わらないでいてくれる。そこがいいのだ。

でも動物だって笑いもあれば怒りもあれば悲しみもある。それはいつも
見慣れている中に小さな表情の変化で分かるのだ。それでも、それを表
現できないところに動物の悲しみがある。そう考えると人間というのは
何と素晴らしい能力を持っているのだろうかとちょっと考えてしまう。
何故かというと、そういう力を持ちながら、人間としての生き様が動物
よりも劣るような人がいるからだ。

天使の微笑みというのがある。人間の赤ちゃんには、どんな人の心も一
瞬にして氷解してしまうほどの力を持った笑いがある。動物の赤ちゃん
にはそれはないのだが、どの動物の赤ちゃんも実に可愛いのだ。これは
サバイバルのために神様がそのようにされたのではないかと思ってしま
う。赤ちゃんをみて怒り出す人はいないだろう!誰でも思わず笑いが出
てくるそこが不思議なのである。

もし、動物が泣いたり笑ったり怒ったりしたらどうなのだろう!たぶん
今ペットになっている動物のほとんどが相当人間に文句をいいたいので
はないだろうか?馬がしゃべったら何というのか?どらえもんの「翻訳
こんにゃく」という道具を出してもらって聞いてみたいくらいなのであ
る。人間と動物の不思議な関係は、動物が人間の感情に感応するという
特殊な能力に支えられている。人の心はどれくらい動物によって支えら
れているか計り知れない。人間という社会はそういう万物の犠牲の上に
成立しているのかも知れない。

占い一言居士:
相性占いで相性がいい、悪いなどと勝手に決めつけて自分の生き方を決
めてしまうのは問題なのだ。相性占いは、どうやって相手と付き合うか
ということを占うための処方箋なのだ。それを相性占いで恋人になるか
ならないかなどというのは、ただのゲームである。相性占いはそういう
意味では、人間関係のつきあい方の距離学でもある。

07年9月5日
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・姓名判断は名前鑑定の「天使の占い」。 遠山快空の
日頃の思うままを格言に託して、風のようにひょうひょうと、ちょっと為になる格言日記になれば・・・。

格言−ラブはまことに安手拭い、染まるも早し剥げるも早し。
---斎藤緑雨(批評家・作家)---

恋は甘美で刺激的なもの!だから、女性は常に恋をしていた方が若さを
保つことができるといわれている。確かにそれは一理あることだ。恋を
するということは女であることを主張しているのだから、精神的な作用
として女性ホルモンの分泌を促進してもおかしくはない。だから、女性
は皆恋をしたがる!ってか?

女性でないから本当のところは分からないが、この「恋は安手拭い」と
いうところも男女の一面の真理でもある。染まりきれなくてすぐに剥が
れてしまうなどというのは、如何に当世風の男女のつき合いがいい加減
で本物でないかということを表している。平成16年の離婚件数は27万
815組、離婚率は2.15ということである。その中で結婚5年未満の離婚件
数は93932件で全体の34.6%を占めている。結婚35年以上の離婚は4710
件で1.7%ということになる。これをどう判断するかということだ。

婚姻届を提出しない事実婚や同棲などを考えると、実質的な男女関係が
如何に安手拭い化しているかということである。このことは、社会の問
題ではなくて結局は家庭が崩壊をしている側面を如実に表しているとい
える。要するに、安手拭いになったのは男女関係ではなくて、実は家庭
というブロックであったということになる。親子という現実的な血のつ
ながりの価値観そのものが崩壊してしまっているような気がする。エン
トロピー増大の法則は人間のブロック単位である家庭にまで及んでいる。

恋をするのも結構、それが若返りの秘訣というなら何も恋でなくてもい
いではないか?手っ取り早いのが恋ならば、たぶんその人そのものが安
手拭いなのだろう!人生そのものが安手拭いの生き方をしてきた結果が
5年以内の離婚が35%という数字になって現れてきた。男女がそれだけ
剥がれやすいつながりしか持てないという人間の薄っぺらさを物語って
いるということになる。今の男女、存在の限りなき軽さということにな
る。

占い一言居士:
改名するということは、自分を改造することにつながる。それが分かっ
ていて改名をする人と、プチ改名で何となく気分が変わればという程度
では、名前そのものに重みがない。自分の名前が社会に評価されるとい
うことを目指してしっかりとした改名をして始めて運勢が自分のものに
なるのだ。

07年9月3日
赤ちゃんの名前・改名・相性占い・姓名判断は名前鑑定の「天使の占い」。 遠山快空の
日頃の思うままを格言に託して、風のようにひょうひょうと、ちょっと為になる格言日記になれば・・・。

格言−食事を作ってもらいたくて結婚したのではない。
---枡野浩一(歌人)---

格言ー食事を作ってもらいたくて結婚したのではない。
---枡野浩一(歌人)---

結婚というのは、人生を決める最も大きな出来事である。そういう意味
では一生に一度の人事採用ということになる。まあ、最近は何度も転職
する人もいるし、中には派遣社員を雇っているという人もいる。「どう
して結婚したの?」と聞けば、みんな答えに窮するのではないかと思っ
たりする。たぶん「何でかなあー!結婚したかったから」などという小
学生みたいな答えしかないだろう!

もちろんちゃんとした理由を持っていて結婚する立派な人もいるのだろ
うが、結婚の理由なんていうのは後から付けたようなものかも知れない。
感情(愛情)が先で、理由は感情の説明に過ぎないのだ。「一緒にいた
かった。いるのが自然だ。」というのが本当なのだろう!たぶんそれ以
上でもそれ以下でもないと思っている。こういうのは、僕の偏見なのか
も知れないが、だいたい当たっているのではないか?

結婚生活が始まってくると、働き蜂みたいとか、単なる食事係みたいと
か、そういう考えが生まれてくるようになる。結婚生活の中で、煩雑な
日常の出来事に忙殺されてくるようになると、これが夫婦なのか?など
と考えるようにもなってくる。よく考えれば、煩雑な日常の生活が真実
であって、結婚という出来事が非日常なのである。その非日常を恒常化
する考え自体が「夢見るバクちゃん」ということになる。じゃあ、結婚
て何なのか?ということを自問自答する結果になってしまうのだ。

たった一人の人を採用するのが結婚ということであれば、結婚後は二人
の会社ということになる。その二人の会社は発展して生き残っていくた
めには、その時々の状況に対応できる適応能力がなければならない。家
族という社員も増えるようなる。変わっていいことと変わってはいけな
いことが世の中にはある。夫婦も同じで変わっていいものと変わっては
いけないものがやはりあるのだ。「二人が一緒にいたい」といって出発
したのであるから、ここは変わってはいけないのだろうと思う。日常の
煩雑なことは、どこかで協力すればいいのではないか!

占い一言居士:
命名するときには、様々な思いが交差することになる。ましてや第一子
が男子ならば家族を巻き込んでの命名騒動となる。それぞれの思惑があ
るからだ。当の子供にとっては迷惑な話かも知れないのだが、命名され
る人の運勢は家族までも巻き込む力を持っているのだ。だからこそ、家
族にとっても本人にとっても良い名前ということでなければならない。


赤ちゃんの名前・改名・相性占い・名前鑑定は姓名判断の天使の占い−ささやき君前のページへ

ささやき君無料占いは、名前鑑定の天使の占い。赤ちゃんの名前・改名・相性占い・姓名判断命名・赤ちゃんの命名・改名・相性占い・姓名判断は名前鑑定の天使の占い相性占い・姓名判断・赤ちゃんの名前・改名・名前鑑定−天使の占いWEBマスター相性占い・姓名判断・赤ちゃんの名前・改名ー球希の電話鑑定名前鑑定・姓名判断・赤ちゃんの名前・改名・相性占い−お客様の声
占い教室は赤ちゃんの名前・改名・相性占い・姓名判断・名前鑑定を学んでます命名・赤ちゃんの命名・改名・相性占い・姓名判断は名前鑑定の天使の占い−虹のたより姓名判断・赤ちゃんの名前・相性占い・改名・名前鑑定・天使の占いーアクセス赤ちゃんの名前・姓名判断・相性占い・改名・名前鑑定−リンク集相性占い・陽陰姓名判断−サイトマップ
相性占い・姓名判断は天使の占い−ささやき君当サイトはリンクフリーです。相性占い−陽陰姓名判断相互リンクページへ相性占い・姓名判断は天使の占い−ささやき君当サイトはリンクフリーです。
相性占い・姓名判断は天使の占い−ささやき君このサイトに使用している文章、画像等の無断複製や転写を禁じます。
相性占い・姓名判断・赤ちゃんの名前・改名・名前鑑定−お気軽にお問い合せ下さい