●赤ちゃんの不思議情報・豆知識3


●赤ちゃんの不思議情報・豆知識3


赤ちゃんの名前 命名鑑定

★胎児に直結する母親の精神状態

母親の精神状態はおなかの子どもに直結しています。
母親の精神状態は、母体から分泌されるホルモンなどを通して、胎児にも伝わっていることが確認されています。

また、すでに聴覚が発達した胎児なら、母親の心音の変化から、その精神状態を知ることもできます。
自分が"歓迎されざる客。と知った場合、胎児は"生きていくこと"を拒否して、自ら流産して"命"を断つということすら起こります。

流産の直接の原因は、黄体ホルモンの出が悪く、母体が妊娠を維持できないたどの器質的な問題に帰すことができます。

でもそれはあくまでも直接的な原因であって、遠因、あるいは精神的原因として、妊娠をつづけたくない理由も挙げられます。

また、「この世界はばくを歓迎していない」という拒否的ムードをベースに性格が形成されることになります。

悲劇は、それが自覚されているということです。
ですから、潜在的に心の問題を抱えることになります。


★母親の乳を飲もうとしない赤ちゃん

つぎの例はスウェーデンのウプサラ大学のフェドバーグ教授が報告したケースです。
ある新生児が母親の乳を少しも飲もうとしません。
おたかがすいていたいのかというとそうではなく、ミルク瓶にはしがみついて飲みます。

では人間の乳が嫌いなのかというとそうではなく、母親以外の人の乳は喜んで飲むのです。

そこで母親にこの子の妊娠期間中になにかなかったか聞きだしたところ、自分は生みたくなかったが、夫がどうしてもというのでやむたく生んだという答えが帰ってきました。

この子は胎内にいるときから、母親が自分を拒否していることを知り、生後自分を守るために自分から〃母親を拒否"したのでした。


★ストレス

ボンデージ(bondage)という言葉があります。"きずな"という言葉です。

母親が長期にわたって強いストレスにさらされた場合、胎児への影響は大きなものがあります。
グラスゴー大学のストヅト博士の研究によると、強いストレスにさらされた妊娠の十四人中十人まで、肉体的、あるいは精神的な問題を抱えた子どもを生んでいることが報告されています。

強いストレスとは、妊娠中に夫(恋人)に捨てられたり、夫が戦争や交通事故でなくたったりということを指します。

母親の神経ホルモンの分泌が過剰になると、そのお陰で胎児の自律神経系も過敏にたり、異常な状態を"常態"として諸器官が発達していくため、様々な課題を持った子どもが生まれることもあります。


★高反応と低反応は胎児のときに決定

子どもの性格と胎児期の経験の相関関係に関するアメリカ・オハイオ州のフェルズ研究所の研究です。
母親が経済的あるいは夫との愛情関係から妊娠を喜んでいない場合、胎児はあまり物事に興味を示さたい〃低反応型〃になります。
性格的には内向的といえます。

一方、母親から歓迎され愛された胎児の場合、心拍数は高く活発な動きを示し、〃高反応型"となります。生まれた後もとても外界に興味を持ち、情緒豊かな反応を示します。
性格は外向的といえましょう。

先ずは母親自身が、自分自身や夫、家族との関係などを良好に保つ努力が必要になるでしょう。


★アルコールやタバコは胎児に悪い

母親が飲酒や喫煙の習憤を持っている人の場合、どういう問題が起きるでしょうか。
昔から「大酒飲みの母親からは奇形児や病弱な子どもが生まれる」といわれてきましたが、それは根拠があることでしょうか。

最近の研究によると、アルコールは難なく胎盤を通過し胎児に届きます。
すると胎児は微量でも酔っばらった状態になり、その"異常な状態"に反応して発育していきますから障害が出やすいのです。

ウイスキーだと強い酒では六十㏄が限度でそれ以上にたると、胎児は「胎児アルコール症候群」にたります。
知恵が後れたり、頭が小さいとか耳の位置が低いなど、頭部奇形が出たりします。

タバコも同じように胎児によくありません。
母親がタバコを吸うと、揮発性ニコチンや一酸化炭素が血液中に入り、血液中のヘモグロビンが酸素と結合するのを妨げ、酸素濃度が低下します。
一種の酸欠状態です。

ところが、胎児の発育中の細胞はとても酸素を必要としますから、酸素濃度の低い血液は発育を阻害します。
発育はそのとき阻害されるだけでたく、胎児の諸器官は低酸素状態にあわせて形成されていきますから、どうしても諸器官は不健康で機能も劣悪なものにならざるを得ません。

一日に四十本以上のタバコを吸う母親から生まれた子どもは、決まって体が小さく、集中力がないというのは、この理由からです。

読書や知的能力は集中力と深い関係がありますから、こうした子どもは学齢期になると成績が振るわないたど問題も多数出てくるようです。
こうなると母親の飲酒癖や喫煙癖は嗜好の問題ではなく、胎児に対する〃犯罪"とさえいえます。

コーヒーやココアに含まれているカフェインは酒やタバコほど害は与えませんが、胎児の発育によい影響を与えたいことは確かです。
とくに妊娠初期にはコーヒーは飲まないようにした方がいいでしょう。

赤ちゃんの名前 命名鑑定
天使の占いは
チェック命名鑑定は1個500円、4個2,000円から出来ます。
個数は自由にお申し込み出来ます。
またオーダメード命名鑑定は20,000円です。

その他ご質問・お問い合わせはtamaki@yo-in.comまで
お気軽にご連絡下さい。
遠山球希がお答えいたします。


次は、ー「子育ての基本原則のページ」へ

Copyright(c) 1995 yo-in.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com