●鑑定一言コラム


●鑑定一言コラム



■鑑定一言コラム集は、姓名鑑定をする立場の者の姿勢や姓名鑑定に対する基本的な考え方をストレートに述べています。


皆様方の何かの参考にしていただければと思います。

鑑定サービス概要(内容)へ


●姓名判断・鑑定・一言コラム 命名 改名 相性 全般

●姓名判断・鑑定・一言コラム 命名 改名 相性 全般


■一言コラム 命名編

◆命名で一番考えなければならないことは、「個人の運勢」よりも、実は親子の「相性」なのだ。
個人の運勢は、親子の相性という土台の上に成り立つということを忘れてはならない。


◆たかが命名、されど命名!なのである。
これほどやっかいなものはない。
またこれほど責任を感じるものもない。
だからゴッドファーザーなのだ。
将軍家から一字を拝命した。
こうなると、切ることのできない”縁”がそこに生じることになるから、裏切ることができなくなる。
やっぱり、姓名には「こだわる」ことが大切だ。


◆最近命名の依頼で多いのは、画数の「吉、凶」にとらわれる人が多いのだ。
心情的にはわかるのだが、一つの数字だけで「人生が吉や凶になってしまう!」ということはないのだ。
命名するというのはそんなに単純なものではない。


◆赤ちゃんの名前というは、見ていてもなかなか楽しいものだ。
今後の成長ぶりやら、将来の希望、夢がいっぱい入っているからだ。
でも、心配なのは育て方なのだ。
どんな可能性のある運命式でも「育て方」で様々な可能性が出てくるのだ。


◆赤ちゃんの名前でこだわりたくなるのは、一番重要なのは画数なのだが、もう一つは漢字の意味と、音である。
呼びやすさとか親しみやすさというのは、大切だ。
自分の名前を呼んでくれる回数が多いというのは、運勢をよくすることにつながる。


◆命名で一番難しいのは、親子の相性だ。
これがうまくいかないと、せっかくの逸材も世に出られなくなる可能性がある。
ところが、愛情交流ができればいいのかというとそれだけでもない。
家族の中で負けないくらいの主体性がなければ自分をつくることができないのだ。
その辺のさじ加減は職人技だ。


◆苗字というのはどうも地名から来たものが多いらしい。
ところがその地名からおこった苗字が、一族を支配する力を持つようになる。
名は大きな運勢の象徴体のようなものだったのだ。
だからこそ、その苗字と自分の名前のバランスが命名には重要な要素となるのだ。


◆名字の発祥は地名に由来するところが多い。
それでも、勝手に有力氏族にのし上がったかというと、そうではなくちゃんと出自が貴族などにつながるのである。
そして近代まで続いてきたのだ。
だから命名にはそういう背景をしっかりととらえることが大切なのだ。


◆日本人の先祖は、北方系のアイヌだとか、いや南から来た人たちだとかいろいろといわれる。
要するに日本人というのは、日本列島に住むようになった雑多な民族によって成り立ったということができる。
それでも、ちゃんと名前を持って文化を育んできたというのは、一つの民族の証明でもある。
それが、人の名付け・命名という中に生きている。


◆赤ちゃんの名前を考えるときに、何が一番重要かといえば、その人が素晴らしい力を発揮する人になるという”願い”なのだ。
すると、社会や家庭の中で望まれる人になるような運命式が見えてくるから不思議だ。

赤ちゃんの名前・」姓名判断鑑定について


一言コラム 改名編

◆最近プチ改名などというものが流行っているらしい。
ちょっと アクセサリー的に名前を変えるのである。
気に入らなければ すぐに捨てる。
これは何の意味にもならない。
どうして命名というのか?命を与える名前だからである。
昔元服して改名をするとき、烏帽子親がついてその人間の行く末に責任を持ったものだ。
プチ改名では、人生もプチになってしまう。


◆改名ということでは、芸能人に脱帽である。
彼らは自分の人生をかけて芸名をつけるのであるから、それこそ命がけなのだ。
だからこそ、その結果も早く出てくることになる。
それでも、改名した名前と自分の一体感がなければ、運勢は発揮できない。


◆改名は奥が深い!なぜかというと、改名することで道を開く人もいるし、そうでない人もいる。
その違いは何か?「改名した自分を好きになっているかどうか」それだけである。
欲望に走れば道を誤ることになる。
自分を好きになれば、自ずと道は付いてくる。


◆改名は、改名したい人の目的が明確でなければならない。
何となく運勢を善くしたいではダメなのだ。
自分をどんな人間にしたいのか、どんな将来を設計しようとしているのか、そういうことをはっきりとしないと、改名の効果は薄れてしまう。


◆改名はその人にとっては一大事に相違ない。
それでも、そんなに大事に考えるのもおかしいのだ。
何故かというと、自分の名前に対する責任は誰が持つものでもなく自分が持つものだからだ。
だからこそ、自分の道を見つけ出すための改名は積極的になっていいはずだ。


◆改名という考え方は、画期的なことなのだ。
何故かといえば、これまで自分という人間をどう造ればいいかということが人間にとっては、最大の課題だったからだ。
人造りには”風土論”などもあるが、こうすればいいということをちゃんと答えを出すところは”改名”の素晴らしいところだ。


◆たかが改名されど改名!改名は人生を転換する大きなメソッドになる。
それは、運命式の力を信じる人に現れる。
改名によって現れる運命式は、新たなる可能性を改名した人に賦与するのだ。


◆襲名というのも一種の改名なのだ。
ただ、伝統的な名前を相続するということなのだが、それはその人の人格や業績をそのまま自分のものにするというきわめて重い意味が隠されている。
襲名という改名は、結局運命式を大きく転換することになるのだ。


◆命名や改名で一番嬉しいのは、喜びのお便りをメールでいただいたときである。
人間というのは何かのきっかけさえあれば、自分を大きく変えることができるのだ。
それが人間として生まれた特権なのだ。
何故かというと、自己創造というパワーは人間だけが持つものだからだ。


◆「人はパンのみによって生きるにあらず」とは、バイブルに書かれている言葉だ。
確かにその通りだろう!最初、人はパンを求めるが、最後に求めるのは「励ましや真実の言葉」だ。
占いは人に「生きる心の糧」を与えているのだ。
だからこそ、相性、命名、改名など占いは希望でなければならない。


◆改名することは、新しい自分を作り出すことと同じなのです。
それは、自分という今の人間が出現するまで、様々な出来事があったように、改名も自分でいいドラマを作り出すことの始まりなのです。
だから、改名は人生をもう一度生きることになるのです。

改名鑑定・改名相談について


一言コラム 相性編

◆占いの相談に来る人は、最初なかなか本当のことを言わない。
「黙って座ればピタリと当たる」とでも思っているのか?性格や運勢的な状況を的確に指摘するとぼつぼつと喋りはじめる。
命名や相性占いは人のことを知らないとできない。


◆よく「水があう」「水があわない」などという。
確かにそういう自分にしか分からない相性というものがある。
離婚の原因に性格の不一致というのがある。
まあ、とってつけたような話だが、夫婦というものは相手に合わしたり、合わしてもらったりと、互いに譲り合っていることが必要なのだろう!「俺に合わせろ!」は 演歌だけの世界だ。


◆結婚できるかどうか見て欲しい!そういう人がいる。
そういう人には必こういう質問をしている。
「相手を探す努力をしていまか?」努力もしない人を占っても”意味がない”のである。
占いはがんばる人の為のアドバイスなのだ。


◆劇的な出会いがあると、運命的な出会いだったと人は強調する。
本来運命は人の生死にかかわるものだから、これは神の領域である。
ならば運命的な出会いとは何か?自分が強い吸引力で自分でも知らない間に相手を引きつけたのだ。
そういうことはあるのである。


◆よく結婚前は「こんな女じゃなかったのに!」「こんな男じゃなかったのに!」という相談が多い。
離婚するようになってから「相性占い」見ても遅いのである。
結婚して名前が変わるというのは、新しく命名されたのと”同じ意味”を持つ。
人は結婚して初めて名前の持つ力によって変わるということを理解するようになる。


◆愛することは一人ではできない。
相手が必要になる。
当たり前だ。
ところがこれが難しい。
何故かというと”相性”ということがあるからだ。
相性占いが何故人気かというと、相手とどういうつながりを持つかという事を知りたいからだ。
人によって相対的な関係の作り方は違うのである。


◆相性占いをしたくなるときというのは、実は相手に不信を感じ始めたときなのだ。
だから、そういうときは正しく相手を理解しようと自分が身悶えしているときと考えてよい。
だからこそ、相性占いは真剣なのだ。


◆相性占いは複雑だ。
何故かというと、相手によって自分の運命式の八紘の出方が違うのだ。
簡単に言えば、ある人にはよくてもある人には悪くでることだってあるというものだ。
それだからこそ不思議なのだが、自分の運命式を知ることは、よい関係を相手と保つためにはどうしても必要なのだ。


◆相性占いは、人の様々な想いが現れている。
こういう占いには相当の勇気がいるはずだ。
それだけ、思い入れも強い。
それが自分の客観的な判断にどのくらいつながるかが課題になる。
自分の勝手な期待は一度打ち砕かれた方が、新しい世界が見えるはずだ。


◆相性などというのは、錯覚か?そうではないはずだ。
相性というのは現実にある。
ただし、いつも同じ相性というのではない。
相手の状況によってぴったしあうかどうかは違うものなのだ。
だから、つきあい方のレベルや距離も異なる。
それが当然なのだ。
そんなこともわからなくて、無料占いなどで相性が良い悪いなどと一喜一憂するのは?なのだ。

個人鑑定・相性相談鑑定へ


一言コラム 全般編

◆実は仕事運というのは、本人自身と密接なつながりがあるのだ。
仕事運が悪いので自分はうまくいかなかったのだ。
これは、逃げ口上なのだ。
本当は仕事運を生かす努力がなかっただけなのだ。


◆いずれ爺と婆になる。
そして年金生活が待っている。
その年金も今のご時世当てにならないときている。
「占いでは私は老後どうなるのでしょう?」そんなのは占いではない。
”ありとキリギリスの論理にすぎない”準備なき者は滅びるのだ。
秘訣は、運勢のあるときに準備しておくことだ。


◆黄昏時、買い物をした主婦が家路を急ぐ。
夕食の食卓は大切だ。
何故ならば一日の収穫を占うときだからだ。
ここが楽しくないとき、明日の希望は少なくなる。


◆人の運命式を見ていると、突然自分の目の前に人の幻が現れる。
その背中には「運命式という宇宙を背負っていた」のである。
数字の中に人の歩みが現れている。
できればよい幻を見たいものだ。


◆よく占いや相性占いをしていて、断定する人がいる。
相談にきている人から見れば、確信を持った断定は信じざるを得ない。
何故かというと、自分で検証するすべを持たないからだ。
でもこういう占いはほぼ「インチキ」が多い。
占いは選択する道筋を示してあげるだけなのだから、方向性が提示できなければ意味がない。


◆仕事がうまくいかない。
仕事運を見て欲しい!こういう人もいる。
実は仕事運というのは、本人自身と密接なつながりがあるのだ。
仕事運が悪いので自分はうまくいかなかったのだ。
これは、逃げ口上なのだ。
本当は仕事運を生かす努力がなかっただけなのだ。


◆昨日は空海展を見に行った。
その空海の業績はあまりに偉大であるが、中でも曼陀羅には恐れ入った。
そこに人の運命を司る秘密をかいま見たからである。
命名や改名、相性占いにはそういう宇宙の法則が凝縮されている。


◆空海展は、文句なしに素晴らしかった。
なんと言ってもその仏教美術のすばらしさだ。
その美術品の技術の高さにはある秘密があることに気がついた。
ちゃんと法則性があるのだ。
そういう宇宙の法則が、命名や改名、相性占いにも当てはまる。


◆同行二人・・自分一人で生きているのではなく、空海さんが共にいてくれる。
そんな感じを空海展で納得した。
占いによる運命が主体ではなく、自分の運命式を使用する自分が主体なのだ。
そう考えて実践することこそ、道を開くことになる。


◆占いで一番気になるところは”運勢”なのだろう!ところがこれほどいい加減なものはない。
自分でいうのだから間違いない。
何故かといえば、”運勢”なるものの実体はその人自身だからである。
そこには自分の扱い方と、自由な判断があるからだ。
だから、「人事を尽くして天命を待つ」というようになれば、”運命”が決まるのである。
そこからが勝負だ。


◆世の中には、自分の運命は既に予定されていてどうにもならないんだ。
だから、もしできることならばあらかじめ自分の運命を知っていて、心の準備をしたいという人がいる。
ところが、運命というのはそんなに単純なものでもなくて、既に決まっているものなのかというと、そうともいえないのである。
”降りかかる火の粉”というのがあるが、それをどう処理するかは人間の自由なのだ。
そこに、運命の難しさがある。
この人間の自由によって、それから以後の方向性が大きく変わってくるから、やはり運命は決まっていないと考えた方がいいのだろう。
それよりも”運を運ぶ人”になった方がいいのだ。

鑑定サービス概要(内容)へ

Copyright(c) 1995 yo-in.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com