●親子関係が良くなる命名法


●親子関係が良くなる命名法


赤ちゃんの名前・姓名判断・命名鑑定のお申込み

■ごあいさつ


「天使の占い」・遠山球希は今まで「占い鑑定」を通して、親子の相性が悪い家庭を沢山見てまいりました。

そこで親子関係が良い赤ちゃんの名前が出来ないかを、長年研究してまいりました。

その結果、「親子関係が良くなるための命名法」を編み出したのです。

この命名法は親子や兄弟姉妹、祖父母の性格や愛情交流などの相性を見て命名を考えます。

ですから「天使の占い」は必然と、同居するご家族の名前と生年月日が必要になってまいります。

「天使の占い」は命名のプロである遠山球希が、30年以上の実績あるノウハウを駆使して、お一人様ずつ手作業で鑑定をさせていただいています。

大切なお子さんの命名は、複雑で微妙な家族関係、夫婦関係や親子関係までも読み取り、赤ちゃんが素晴らしい家庭環境の中で成長できるように、「遠山球希」が真心を込めて鑑定をいたします。

ご縁をもたれてました方には、誠心誠意、命名をして差し上げたいと思っております。ご縁があることをお祈りいたします。

お目通しありがとうございました。

天使の占い・遠山球希


■チームプレーにおけるリーダーシップをとれる命名の名前

人はどうやって幸福を得るのでしょうか?

この考えは少し違うようです。

人はどうすれば幸福の方からやってくるのでしょうか?

ということだと思います。

人は誰でも幸福になりたいと望んでいます。

その幸福を手に入れるために、様々なことを人生において行います。

国も同じです。国民がどうしたら幸福になれるかを考えています。

家族も同じです。家族にどうすれば幸福さんがやってきてくれるでしょうか?

赤ちゃんの名前 命名 名付けは、幸福を呼ぶことのできる力の源です。

私たちは「幸福を呼ぶ力」を持った命名をします。

名前に幸福を呼ぶ力が何故あるのか? それは「運命式」にあります。

それにはこのサイトをよく読んで下されば分かります。

<例題をあげてみましょう>

わかりやすいので、誰もが知っている戦国時代の武将の例で話しましょう!
織田信長公と前田利家公です。

織田信長公は、ほぼ天下を統一するも家臣の反逆にあい、非業の死。

前田利家公は、戦国時代を生き抜け加賀百万石を建国する。

<二人の運命式を見てみましょう>





二人の運命式は実は意味的にとてもよく似ているのですが、「幸せを呼ぶ力」は愛情運にあったのです。

同じ愛情運の数字を持ちながら、信長公は愛する生駒の方に先立たれ、そこから幸せの歯車が狂い始めます。

片や利家公は於松の方が生涯寄り添います。
そして加賀百万石を築きます。

二人の場合、幸せを呼ぶ方程式は愛情運にありました。

命名において、「幸福を呼ぶ力」は運命式の作り方にあるのです。

「幸福を呼ぶ」運命式を持つ命名(名付け)をするのか!

それとも、「不幸を呼ぶ」運命式の命名(名付け)をしてしまうのか!

幸福と不幸の分かれ道は、赤ちゃんの命名の時から始まっているのです。

赤ちゃんの名前・姓名判断・命名鑑定のお申込み

次は、ー「どこか」が違う「天使の占い」!へ

次は、ー「命名サービスの流れ」へ

次は、ー「天使の占い・姓名判断 Q and A」へ

次は、―注意したほうがいい名前へ

Copyright(c) 1995 yo-in.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com