●名前を付けることには意味があった(姓名判断)


●名前を付けることには意味があった



■命名で頭を悩ますというのは、実はとてもしあわせなことです。
名前を適当に付けるというようなひどい環境になく、その子の将来をしっかりと見守る親の愛情はすごいものがあります。
だからこそ、命名というのは生まれた赤ちゃんに魂を注ぎ込むようなものだと思います。(姓名判断)

■名前を付けることには意味があった(姓名判断)

命名についてもう一度考えてみよう!
名前をどうして人は付けるのかということだ。
そこが不思議だからしょうがない。
名前には必ず命名の由来や意味がある。
そういうことがしっかりと語られていることに価値がある。
もし自分の名前に何の意味も価値も見あたらなかったらどうだろうか?
お母さんやお父さんに、「どうして僕、私の名前を付けたの」って聞いてみたときに、自分の名前の物語があったら何と素敵なのでしょう!
それだけで生きる力や、自分の原動力になりませんか?

もし「ただ何となく!」では、がっかりして「自分なんかあまり期待されていなかったんだ」と思ってしまうでしょう!
それは人生にとって大きなマイナス要因になるのです。
自分の子供に物語を与えてあげることも親としての重要な使命と考えるのがいいと思います。

だから、命名というのは考える親も大変なのですが、そこはやはり命名のプロに依頼するのが何といっても懸命なはずです。
何故ならば、何百という命名のアドバイスを扱っていますから、その蓄積されたデータはすごいものがあります。(姓名判断)

命名で一番苦労することは、本人の運命式のバランスとそれ以上に親子の相性が問題になるのです。
名前の持つ運勢というのは、実はその家の持つ特徴によってある程度大きな川の流れのようになるのです。

その大きな川の流れのような運勢の中に、命名する赤ちゃんの運勢がすっぽりと入ってくるのです。
だからその川の流れから外れてしまうと、折角の持っているいい運勢もそれを上手に運営するスキルを身につけないで育ってしまいます。
だから命名というのは、先ず人生のスタートラインにたつ準備ということになるのです。

ここでつまずくと、それからの長い人生路程に相当後れを取ってしまいます。
親の使命としてはそういう環境権の設定を十分してやることが子供に対する愛情であるはずです。(姓名判断)

ここで相当古いけど面白い記事を見てみましょう!
日刊スポーツに載った記事です。

★★橋本聖子氏が第3子出産、命名トリノも?
日本スケート連盟会長で自民党の橋本聖子参院議員は28日午後、都内の病院で第3子を出産した。橋本氏の事務所によると体重3580グラムの男児で、母子ともに健康という。

「五輪オタク」を自任する橋本氏は、この男児の姉と兄になる2人の子供も五輪の開催年に出産し、五輪にちなんで「せいか(聖火)」「亘利翔(ギリシャ)」と名付けた。今年も2月にトリノ冬季五輪があったため、関係者からは「命名は『トリノ』では」との予想も出ている。

橋本氏は、首相指名選挙が行われた26日の参院本会議にも出席するなど、直前まで仕事を続けていた。第3子誕生により、橋本氏は、警察官で元閣僚警護官の夫と先妻との子3人を含めて、計6人の母親となった。[2006年9月28日19時35分]

親の願いもここまで来ると、子供たちもしっかりと自分の名前の物語を自覚しそうです。
まあ、橋本議員は実績を残してきた人ですから、そういう五輪にちなんだ名前という選択しもありますが、一般の方は簡単にはいかないと思います。だからこそ、しっかりと準備していい物語を残すようにすることが大切ではないかと思います。

赤ちゃんの名前・姓名判断・命名鑑定のお申込み
天使の占いは
チェック命名鑑定は1個500円、4個2,000円から出来ます。
個数は自由にお申し込み出来ます。
またオーダメード命名鑑定は20,000円です。

その他ご質問・お問い合わせはtamaki@yo-in.comまで
お気軽にご連絡下さい。
遠山球希がお答えいたします。

■人類始祖にも「命名」の意味があった。

人類始祖といわれるアダムとエバにはどんないわれがあるのでしょうか?
ちょっと考えてみたいと思います。

★創世記2章7節には次のように書かれています。
「主なる神は、土の塵で人(アダム)を造り、命の息をその鼻に吹き入れられた。そこで人は生きた者となった」


土の塵は赤土で(アーダーマー)であり、そこから人を造ったので(アーダーム)という名前がついたのですね!
この土というところに多くの意味が込められているのです。
土は土台を意味し、すべての元素を意味します。
すべての要素を集大成して人を造ったという大いなる物語があったのです。
そういう意味からとられた命名が(アーダーム)アダム・人ということだったのです。
だからアダムという名前を聞いただけで彼が何者なのかがわかるというものなのです。

次に神は「命の息をその鼻に吹き入れられた。」とある。
これは、神の霊を宿したというものです。これは神のもっている創造性を賦与したという意味なのです。
これによってアダムは神の子と認定されたのです。
この神の霊を宿したというのは、「あなたは私が造ったのよ!
そして、あなたが生まれるにはこんな物語があって、私のもっている可能性をあなたに与えてアダムという名前がついたのよ」
という意味です。

ここまで来ると、もうアダムは自分がどんな価値を持っているかということを自覚せずにはいられなくなるはずです。

★創世記2章19節には「・・・人がすべて生き物に与える名は、その名となるのであった」

これは、アダムが森羅万象の管理者・支配者・責任を持つものであるということを表しています。
名を付けるというのはそういう意味があるのです。だから、親が名前を付けるということは、自分の子供に責任を持つということの証明なのです。
そして、そこに物語があります。こういう事をちゃんと自覚できれば、人間というのは相当ちゃんと成長できるはずと思うのです。

★創世記2章21節
「そこで主なる神は人を深く眠らせ、眠ったときに、そのあばら骨の一つをとって、そのところを肉でふさがれた。主なる神は人からとったあばら骨でひとりの女を造り、人のところへ連れてこられた。そのとき、人は言った。「これこそついに、/わたしの骨の骨/わたしの肉の肉。男からとったものだから、これを女と名付けよう。」

ここでは、女は”骨”で表されています。ヘブライ語で骨というのは「本質そのもの」を表します。
だから、骨を女としたのは、女は男アダムの「自分の本質そのものだ」という物語があるのです。

男と女にはこういう物語と因縁があるのです。だからこそそこには男と女が出会い結ばれる決定的なが関係が隠されていることを意味します。聖書には次のようにある。

★創世記2章24節
「それで人はその父と母を離れて、妻と結び会い、一体となるのである」


だから人間が何故結婚するのか?何故男と女は引き合うのか? そういう単純だけど深遠な疑問は、人類の創世記の物語にあったのです。

女は男の骨だから、本質だから、男は女の言葉を無視できないのです。それは自分に最も必要だと骨(本質)が言っているのだから・・・。
男も女も、夫も妻もちゃんと向き合って互いの本音を話し合うことが、自然なのです。これができることが本当の夫婦といえるでしょう。

次は、ー命名・名付けで知っておきたいことへ

赤ちゃんの名前・姓名判断・命名鑑定のお申込み
天使の占いは
チェック命名鑑定は1個500円、4個2,000円から出来ます。
個数は自由にお申し込み出来ます。
またオーダメード命名鑑定は20,000円です。

その他ご質問・お問い合わせはtamaki@yo-in.comまで
お気軽にご連絡下さい。
遠山球希がお答えいたします。

Copyright(c) 1995 yo-in.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com