赤ちゃんの命名 改名相談 画数 姓名判断 相性

  • お電話でのお問い合わせ
  • 076-286-5226

相性相談・結婚

球希の占い相談集

球希の占い相談に来られた方、あるいは電話での鑑定内容をまとめたものです。そしてそこから感じる真実なる球希の声をお伝え致しております。もちろん、お名前等は仮名になっておりますし、プライバシー保護のため差し障りのある内容については削除・編集してあります。この相談室が少しでも多くの方の何かのヒントになれば幸いです。
(この内容は球希の占い日記の中から抜粋致しました。)

天使の占い・遠山球希

結婚・相性についての相談集!(6)

2006月1月19日

●裏切りではなく、それは愛であった!

去年から今年にかけてあまりにも印象的だったので少しでも
皆さんの参考になるかと思いつづってみました。
もちろん差し支えのない部分だけを載せています。

実は夫が最近自殺未遂をしたと言うのである。
だから私は今後どういう気持ちで生きていったらよいのか
分からない!
夫に優しい言葉をかけてほしいと言われるが
私は信じていたものに裏切られたという思いしかなく
そんな言葉さえかけることが出来ない。
私はどうしたらよいのでしょう!
その答えを求めに来られたのである。

来られた方の表情が重いし暗い!
答えをどう引き出していったらよいのか
分からない状態である。
私の心の中にも暗雲がたなびく瞬間である!
私も困ってしまうくらいに重たい内容である。

この奥さんは夫に裏切られたと言う思いから
解き放されないのである。
重たいものがいっぱいつまっている。

私はまず運命式から見てみた。
何処かに答えの糸口があるはずである。
この方のご主人は真面目一本で自分を責めるタイプの人
である事が分かった。

そして言葉足らずで表現力のない人であることも分かった。
こういう方が陥りやすいのが、自分を自分で責めて責任を
とろうとするのである。
運命式を解きながら、そしてお話を聞いていくうちに
何故自殺を選んだのかその心理が読めた!

話を聞けばこうである。
いつも嫁姑でいざこざがあった。
もう何十年も前に夫が姑の言うことを信じて
(実際姑の言うことが間違っていたにもかかわらず)
姑のかたを持ち、自分をたたいて
あばら骨を折ったことがあり、その時顔も腫れて病院に
入院したこともあったらしい。

その時の恨みは今も心の中から離れない。
夫は親の言うことに逆らえないで来た人である。
それでも親の前では親の肩を持つようにしても、
二人になった時フォローでもしてくれれば良いのだが
フォーロの出来ない人である。
それがかなり恨みになっていたようである。

自殺未遂をする前にこんな事を言ったらしい。
「お前がこの家にいる限り、幸せになれない!
だからお前が楽になるようにお前はこの家を出た方がいい!」
それから何日もしないうちに自殺未遂をしたというのです。

私はこの時のご主人の心理が何か掴めたような気がした。

「自殺未遂は奥さんに対する愛情表現だったのですよ!
最後に残されたメッセージなんです。
奥さんを愛しているから自殺未遂をされたんです!
ご主人の優しさなんですよ!

いつも親の味方をしていて、奥さんに寂しい思いをさせていた
自分に対する責めがあるんですよ!
せめて最後に奥さんあなたの味方だったんだよ~と
言うことをご主人は言いたかったんですよ。
言葉で言えなかったので身をもって表現したんですよ!
その表現は間違っていますが、でも心理としては受けとめて
あげれたらいいですね!

そしてご主人はいつも親と奥さんの板挟みにあっていて
それをうまくフォーロ出来なかった自分に対して
責めていたんですよ!
自分は口べたで思っていることも言えないし親と妻との
中をうまくとりまとめられない。
自分に力がないからとりまとめられない。
自分が悪いからうまくとりまとめられない。
幸せに出来ない。
すべては自分が悪いんだ!自分の責任なのだ!

自分が死ねば妻は実家に帰って自由になれる。
せめて最後に幸せにしてあげるとしたら
最後の手段は自分が自殺するしかない。
自殺すれば自分も楽になる!
だから、奥さんを愛しているからそうしたんですよ!
ご主人さんの優しさの表現ですよ!」
と私は言った。

この言葉を聞いた瞬間奥さんの顔色が変わった!
「え~え~、私はそんな風に思ったことなかった。
裏切りという言葉しか私の頭には浮かばなかった。
そんな言葉なんて一度も私は思い浮かぶ事なんてなかった。

そうなんだ。そ~なんだ!
全く私は違ったように思っていた。
なんだ。そう言えば思い当たるような気がする。
心の中は裏切りしかなく、私の心は全くさまよっていました。
先生、ありがとう!

私は夫を追いつめることばかりしていました。
追いつめる言葉ばかりを吐いていたんです。
この前あった時も、また一緒に家で仕事をしょうと言われた
けれども素直にそうしようと言えなかった。

心のトゲが取れたような気がする。
心のもやもやが晴れてきました。
心からこれで一緒に頑張ろうと言えます。
先生、本当にありがとうございます。
今から早速家に帰って、夫にあって
頑張ろうと言いたいと思います。」

と言って喜んで涙を流された。

心の根雪が解けた瞬間である。
人の恨みの心が愛に分かる瞬間を見た!

人は言葉や表現の奥に隠された本当のメッセージ
すなわち動機が愛であったとわかった時
生まれ変われるものであるという真実にふれたような気がした。

またそういう感動の瞬間に立ち会うことが出来る占いという
お仕事をしていることに感謝した。
そして更に誇りを持った瞬間でもあります。

夫と心からの和解をし、二人で頑張っていける姿を創造しながら
その方が去っていく後ろ姿に祈りを込めるのでした。

 

          10 11 12 13 14 15 16 17 18
  19 20 21 22 23