赤ちゃんの命名 改名相談 画数 姓名判断 相性

  • お電話でのお問い合わせ
  • 076-286-5226

相性相談・親子

球希の占い相談集

球希の占い相談に来られた方、あるいは電話での鑑定内容をまとめたものです。そしてそこから感じる真実なる球希の声をお伝え致しております。もちろん、お名前等は仮名になっておりますし、プライバシー保護のため差し障りのある内容については削除・編集してあります。この相談室が少しでも多くの方の何かのヒントになれば幸いです。
(この内容は球希の占い日記の中から抜粋致しました。)

天使の占い・遠山球希

親子関係についての相談集(1)

2003年12月25日

●北風サイクル

今日12月25日は、こちらは晴天!
主婦にとっては、めっけ物の晴れた1日になって嬉しい気持ちでした。
やっぱり、北風さんばかりの日よりも、太陽さんの日のほうが自然で
いられる。これって当たり前のことなのです。

でも、これを人間関係に、置き換えてみるとそうも行かないことが
多いのです。
今日も相性占い・天使の占い陽陰姓名術のご依頼の中にありました。
時々、人間関係で、出くわすケースです。

いつも、相談される60才ぐらいのお母さんの悩み相談です。
自分の外孫と娘(嫁いでいる)との親子関係で気になるとのこと。

いつも、娘が中学2年の孫に勉強しろと!怒ってばかりいる。
どうしたらいいのか?という内容のものです。
お婆ちゃんのところに、お正月何日かいたいと孫が
もらしていたらしい。

早速、この家族の占い運命式を出してみました。
あ~あ、大変です。
このお母さんは強すぎます。
逆に息子さんは弱すぎます。
お母さんに全く抵抗できません。
言われっぱなしで、畏縮するばかりです。

お母さんはよかれと思って言っているのです。
愛しているから言うのです。
我が子がかわいいから、言うのです。
お母さんは、一生懸命なのです。
怒れば、勉強してくれるかもしれない。
耳に、たこができるくらいに言うのです
でも、結果的に逆効果です。

息子さんは、言われれば言われるほど心が離れます。
そしてナイーブな子なので、自信をなくします。
息子さんがかわいそうで~す。
どこにも、行き場がありません。
強ければ、少しは自己表現出来るのに・・・。
最悪です!のサイクルです。

これをまさしく、私は『北風サイクル』と呼んでいます。
勝手に付けているだけですけど・・・。

どこかでこのサイクルを変えないと、問題発生する可能性が
あるのです。
幸いにも、お婆ちゃんがそのことに、うすうす気づいているのです。

それで、お婆ちゃんは太陽的役割を果たさないといけない
フォロー役が回ってくるのです。
お正月は、勿論、のんびりとお婆ちゃんのところで、いさせて
あげることになったのは言うまでもありません。

自分でも知らないうちに、無意識のうちに、自分を北風サイクルに
してしまっている事ってあるのです。
本人が聞いていなくても、分からなくても、お決まりの文句や、
言い回しをしないと気が済まないのです。

それって相手は、この言葉をどう受け止めているのかも
確認しないで、とにかく言わないと落ち着かないのです。
それを言うことによって相手のためと思いながら、
自分に満足したつもりになるのです。

まさに自己満足なんです。
キャッチボールにならないのです。
こんな場合、相手は勝手に言ってらあ~という感じです。。
心に耳栓しているんです。
本当に意味のないエネルギーを費やしている事になるのです。

こういう北風サイクルを持ってやって来る人って、
周りに沢山いますよね~。
知らないうちに、貴方もそうじゃないと
いわれないようにしないとね~。

最後に、北風サイクルでやられたときの反応には、
3タイプあります。

そのまま、北風を受けて抵抗できない人。
北風に真っ向から抵抗する人。
そして、北風をうけて、忍耐し、北風にならないよう工夫する人。

さあ、貴方はどのタイプかしら?!

 

          10 11 12 13 14 15 16 17 18
  19 20 21 22 23
 


 

親子関係についての相談集(1)

2004年1月15日

●自分で生きる勇気!

相性占いの依頼が、電話で入った。
複雑な事情がからんでいた。

父は実の父、母は幼い頃に死亡。
育ての母は本人5~6歳ごろに父と再婚。
現在本人30歳、子ども3歳
夫と別居中。
今4人で暮らしている。

いつも、親の目を気にして生きてきた。
いつも言われるままに、抵抗しないで生きてきた。
自分を保護するためにそうしないと生きれなかった。

籠の中の鳥のように生きてきた。
檻の中のような生活。
自分の人生なのに、自分の足で生きていない。
自分はどうしたらよいのか?
このまま、人生を終えるのが耐えられない。

という内容のものでした。
まさに親の罪です!
こういう生き方しかさせられないということは。
あまりにも、哀れです。
個人の生きる権利を、奪ってしまっている。
生きる主体性を、奪っている。

親離れさせないように、親が防波堤を作っている。
こういう人こそ、一度親から離れて暮らさない限り
新しい自分づくりが出来ない。
すぐには出来ないから、親から離れても生きていけるように
今から、準備すべきです。
一人で、足を踏み出すことが出来るように・・・。

何年か後に自分の子どもと2人で、
暮らすことが出来るようにすることを目標として
頑張ることにを勧めた。

親の犠牲になって、人生を送らないように
自分自身の人生を送れるように
エールを送りたい。

今から自立の道は、決して楽な道ではない。
自分で生きる勇気を持って欲しい。
自分で生きる主体性を持って欲しい!
本人も、一歩踏み出す決意をした。

自分自身の足でやっと一歩、踏みだそうしている。
フレー、フレー、○○さん!
ゆっくりでいいから、一歩でも前に出れるように・・・。
フレー、フレー、○○さん!

 

          10 11 12 13 14 15 16 17 18
  19 20 21 22 23