赤ちゃんの命名 改名相談 画数 姓名判断 相性

  • お電話でのお問い合わせ
  • 076-286-5226

相性相談・離婚

球希の占い相談集

球希の占い相談に来られた方、あるいは電話での鑑定内容をまとめたものです。そしてそこから感じる真実なる球希の声をお伝え致しております。もちろん、お名前等は仮名になっておりますし、プライバシー保護のため差し障りのある内容については削除・編集してあります。この相談室が少しでも多くの方の何かのヒントになれば幸いです。
(この内容は球希の占い日記の中から抜粋致しました。)

天使の占い・遠山球希

離婚についての相談集(2)

2005年7月12日

●意外と多い、離婚問題!

メールでの相性鑑定は非常に、
エネルギーを投入する率が高い。
あったことも、見たこともない人、
声さえも聞いたことの
ない方からの相談である。

そのお返事を出すのには、
非常にエネルギーがかかるのである。
正直言ってしんどい時がある。
私自身にエネルギーが無いときは書く気がしない!
また書き出せないのである。

エネルギーを沢山ため込んで書かないと、
パワーをおくれないからである。
それだけ複雑な問題を抱えている人が多いということである。

特にメールでの相性問題は不思議と、これから結婚しょうと
いう人よりも、うまくいかないって離婚を考えている人が
意外と多いのである。

また離婚してこれからどうしょうという人が多いので
驚かされるのである。

皮肉なものである!
私が相性を鑑定を始めたのは、
これから結婚しようと思っている人に
少しでも良いアドバイスが出来ればいいなあ~と
思って始めたのに本当に皮肉にも、
そうではない人が多いのである。

トホホー!
非常に悲しいことです。

離婚問題は非常に複雑である。
そして重たい内容を背負っている。
これでは相性鑑定と言うよりも離婚相談鑑定と
言った方がよいかも知れない。

勿論どんな方でも受付ていますが・・・。

ここで愚痴を言っても仕方がない!
私、球希がパワーを自分で充電して、
良き判断材料を送ることにしょう!

自分自身に叱咤激励して、さあ~ファイト!
ファイト!

 

          10 11 12 13 14 15 16 17 18
  19 20 21 22 23

離婚についての相談集(2)

2005年10月25日

●離婚に向かっての家づくり?

9月の始めから病気をして以来、ず~っと私は
来場の占い相談をお断りしていた。
来場の場合2~3時間お話しすることがざらである。
無意識のうちに今までやっていたがエネルギーを
かなり消耗することが多いのである。
そして疲れる。

今回のお話は早めに解決したので1時間で修了した。
夫婦の問題である。
20年連れ添ってきたのだが、最近家を建てることになって
今まで水面下で我慢していたことが急浮上してきたのである。

全く意見の食い違いである。
夫はオール電化でやりたいと言う。
妻はそれほどまでにしたくない。
台所は自分のやりたいようにやらせて欲しいが
一向に夫は相談しないで勝手に自分の好きなようにやる。
妻はもっと収納スペースをいっぱいとって欲しいのに
夫はそれを眼中に入れない!
自分中心に家の構造を進めていく。

土地選びから、間取りそして中身の内容
全てことごとく意見が食い違う!
それは仕方のないことであるが、それを強行に
押しつけて物事を進めていく夫に腹が立って
やって来た妻の言い分を聞いたのである。

そしておまけに世間体は夫の方が良いのである。
外面がよく、
「なって優しいいい旦那さん!あなたは幸せ者!
不服なんてないはず!」
と親戚や友人知人から言われると、
自分の方がおかしいのかしら?
と思ったりもすると言う。

結婚当初から、おかしいと思っていたらしい。
でも子供が生まれたから仕方なく合わせて生きてきたのである。
平素のちょっとしたことでは仕方ないと諦めできたが
こういう家族にとって大きな事業、家を建てる時などは
一致しないと進めない内容が出てくるので
問題が生ずるのである。

本当に一致した生活ではなく不調和音の繰り返しで
やって来たものが、こういう時に大きく
問題として現れるのである。

この方の夫の占い運命式を見た時、私は何を言っても
この方の夫はダメだと思った。

何故ならば人の意見を受け入れるだけのキャパシィチィを
持っていないからである。
自分の意見が一番正しいと思いこみ、悪気なく
正しいと思っているから押しつけるのである。

それが正しく、素晴らしいことと思っているので
反省するとか、悪いとか思わないぶん、悲劇なのである。
本人は押しつけと思っていないのです。
それが自分の愛情表現だと思っているのです。

その分、一緒にいる家族が悲劇になるのである。
一番の犠牲者が奥さんなのである。
ひどい場合は何が何でも押しつける時は
最後怒鳴りつけてでも進めようとするのである。

何の為の家の新築なんだろう?
と疑問になってくる。
妻曰く、
「もうすぐ新しい家ができるて入るのが嬉しくない!
だって、私離婚したいと思っているから・・・。」

離婚に向かっての家づくり?
寒くなってくるお話である。

この方達を見ていると家を建てる前に
もっと夫婦の心の土台が作られないと、
家を建てても崩壊の一途を
たどるしかないように思わされたのである。

 

          10 11 12 13 14 15 16 17 18
  19 20 21 22 23